Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、厳しい批判の後、Windows 10 Webアプリの強制インストールを迅速に停止しました / マイクロソフト

投稿日:

先週、Windowsユーザーは、多額の費用を支払っているにもかかわらず、コンピュータを所有していない様子を垣間見ることができました。マイクロソフトは、Windows 10を搭載したすべてのシステムを強制的に起動し、不要なWebアプリを展開するだけで、ステップはユーザーとうまくいきませんでした。

インターネットの至る所で大きな叫び声があり、その結果、同社は今、彼らが間違って行われた「移行」になると述べて謝罪しなければならなかった。

新しいウェブアプリのアイデアはそれほど悪くありませんでした。Microsoft は実際には、スタート メニューの固定された Web サイトを、より見やすいタイルに変えて、ユーザーが Microsoft Edge 経由で直接開くことができるようにしたいと考えていました。しかし、全体のプロセスがバグとして行われたため、最終的な結果は、PwA Web アプリに Microsoft Office Web ショートカットを変更しました。エッジブラウザの助けを借りて可能にすることができるものですが、それ自体で起こっているステップは非常に驚くべきものでした。

同社によると、2019年5月の初めにOfficeのWebショートカットをスタートメニューにピン留めするオプションがユーザーに提供された。しかし、この動きはポジティブなもののように見えますが、マイクロソフトが答えるべき懸念はまだあります

  1. 会社が Office Web アプリの広告に [スタート] メニューを使用する理由
  2. ユーザーが別の既定のブラウザーを選択する代わりに、Microsoft Edge でのみ Web ショートカットを開くのはなぜですか。
  3. 誰がマイクロソフトに誰かのPCを強制的に再起動する権利を与えたのですか?それとも、彼らがそれをしなければならなかったほど重要なことは何でしたか?

マイクロソフトが述べたすべてのことにもかかわらず、彼らが設定を元に戻すかどうかについての確認はまだありません。彼らはまだあなたがインストールしたアプリと一緒に自分の製品を宣伝し続けており、全体的に彼らはそうするために非常に「プレミアムスペース」を選択しました。Microsoft Edge ブラウザを何かの方法で開く必要があり、強制再起動について何も知らされていません。

写真提供:SOPA画像/ゲッティ経由のライトロケット

 

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.