Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Google データ漏洩: API のバグが原因でユーザーの個人データが開発者に公開される / Google

投稿日:

Google+ ソーシャルネットワークの脆弱性により、50万人以上のユーザーの個人データが公開されました。議員からの精査のために、ハイテク大手は、3月に静かに問題を修正したときに事故を明らかにしないことを選択しました – ウォールストリートジャーナルのレポートを明らかにします。しかし、Googleの一部では、大手ハイテク企業は、脆弱性が発見されるとすぐにソフトウェアの問題を修復すると主張しています。

によると、APIのバグにより、2015年から2018年の間に外部の開発者がGooglePlusユーザーの個人データにアクセスすることができました。Google+ ユーザーの機密データには、名前、性別、メールアドレス、出生情報、住所、交際状況、職業、プロフィール写真などが含まれていました。しかし、Googleは、開発者による悪用の証拠は見つからなかったと述べた。実際、ハイテク大手は、開発者がバグに気づいていなかったため、個人情報は安全だったと主張しています。しかし、インターネット、プライバシーハッキング、データ盗難の世界では、あまり確信が持てない。

この問題の後の効果として、Google+のバージョン。ただし、コンシューマにはサービスから移動する 10 か月の時間枠が与えられます。同社は来年の8月までにプロセスを完了したいと考えています。

さらに、Googleはプライバシーポリシーを若干変更し、アプリと共有するデータに対してより多くの権限をユーザーに与え、Android上の通話とメッセージログにアクセスするアプリの機能を制限しました。

画像: マーケティングランド

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.