Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleタスクは今、新しい機能を持っています, 定期的なリマインダーオプションを追加 / Google

投稿日:

GoogleのタスクTo Doリストは、一部の人には何の使用もできない可能性があり、そのWeb UIはいつでも終了する見込みです。それにもかかわらず、最近、ユーザーが繰り返されるタスクに一定の時間を追加できるオプションと見なされるいくつかの開発があります。これらの変更は、最初に Web 版でのみ導入されましたが、後に Android アプリにも来ました。

変更に関する通知は、Gmail のようにタスクが統合されたサービスを使用する場合に表示されます。

新しいタスクを追加するには、[カレンダー UI の作成] をクリックして、新しいイベントを To Do リストに追加します。これとは別に、多くのGoogleサービスのウェブサイト上にあるサイドバーもタスクを追加するために使用することができます。Google カレンダーでは、特定の時間をタスクに追加できますが、タスクを繰り返すことはできません。

同社は、Googleカレンダーに追加されたタスクとイベントを一緒に表示できるようになっているという。タスクはすでにカレンダーに表示されている可能性がありますが、Googleは新しい機能であるため、通知を介してユーザーに通知しています。

タスクのサイドバーバージョンは、正確な時間を選択し、また、追加された項目を繰り返すことができます。これにより、ユーザーは1日に30分の時間枠を選択することができ、タスクは日、週、月、年など、一定の時間間隔で繰り返されます。また、繰り返しタスクのサイクルを開始する日付を選択することもできます。

また、アラームをタスク リストにインポートする場合は、アラームがタスクを引き継ぐように見える場合は、ダイアログ ボックスが表示され、ユーザーにオプションが表示されます。アラームのインポートに関するダイアログ ボックスが表示されない場合は、[タスク] サイドバーの右上隅にある 3 つのドット メニューに移動します。

Googleは、新機能を導入することで、タスクを便利なアプリにしようとしています。今時間指定リマインダーを設定することができ、また、日、月、年ごとに繰り返し。

アプリを更新すると、受信トレイからリマインダーをインポートできるプロンプトが表示され、手動で3ドットメニューに移動することもできます。

Google Homeのリマインダーがタスクにも自動的に表示され、すべてのタスクとリマインダーの中央リポジトリになるかどうかは興味深いでしょう。

次を読む:

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.