Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

GoogleはiOSとAndroidユーザー向けのメッセージを更新しているが、AppleにRCS / Googleを採用するよう説得しようとしている

投稿日:

GoogleはAppleにRCSを採用する試みを行っており、その間にiOSユーザー向けのメッセージを更新している。

Appleは技術大手の要求に応えておらず、Googleはそれに応えてもう少し創造的になったと言わざるを得ない。たとえば、Androidはハッシュタグ#TextsGoGreenでスナイドビデオを公開し、ユーザーが多かれ少なかれRCSを受け入れるように会社をいじめるインセンティブを与えました。正直なところ、このビジネス全体がちょっとした小学生の遊び場のランブルな雰囲気を放ち、それは私にとって陽気なので、私は投資しています。RCSは、知らない人のために、リッチコミュニケーションサービスの略で、SMSとMMSの古いテキストメッセージングシステムを完全に置き換えるGoogleの試みです。RCSの下のモジュールには、SMS+などのラベルが付けられていて、それらが次善の策であることを示しています。

しかし、Appleはその一部を絶対に望んでいないようです。私は、その一部は競合他社に優位性を与えないことから来ているかもしれないと思うし、残りはAppleがSMSやRCSを気にしないことに由来している。通常、FaceTimeやWhatsAppを介して互いに通信する多数のユーザーにとって、SMS +とは何ですか?RCS に譲るということは、Apple が本質的にテキストメッセージシステムの一部を Google に譲り渡したことを意味し、その部分がどんなに些細なものであっても、誰もこの取引を成立させるインセンティブは全くない。もちろん、Googleがどれだけ頑張っているかを見ているわけではありません。

一方、GoogleはiOSおよびAndroidユーザー向けのGoogleメッセージであり、後者は前者にテキスト反応を送信できます。しかし、それでも反応は通常のようには表示されず、元のメッセージに絵文字が貼り付けられます。代わりに、別のメッセージがユーザーに送信され、「(絵文字)から(メッセージ)」の形式に従います。率直に言って、これはアップデートというよりは、AppleがRCSを採用することを拒否したことをさらに掘り下げているように思える。同社のあまりにも効果的な戦略をからかうようには思えませんが、ちょっと、Googleはおそらく最もよく知っています。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.