Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Chromeは、ウェブサイトがバックボタンを乱用するのを止めるための新機能を起動 / Google

投稿日:

Googleは、ウェブサイトが訪問者の閲覧履歴を操作して、ブラウザの[戻る]ボタンの助けを借りて元のページに戻ることをより困難にすることを防ぐために開発された新機能を導入しました。

この機能は、不正なウェブサイトのアクションを排除し、ユーザーの満足度を高めるために起動されます。

ユーザーの閲覧履歴を操作するウェブサイトでは、以前に訪問されたWebページに戻ることは非常に困難です。

⦁ダミーは、エントリを瞬時に早送りして記録すると、ユーザーが視覚的な確認を待つ事ができないという事実を考えると、後方ボタンを押すのを停止するタイミングをユーザーに知るのは難しくなります。

このため、ユーザーは、その望むウェブページを超えるか、不足しています。

このために、不適切な動作の Web サイトは、”pushState を使用して履歴エントリを追加するか、ユーザーのジェスチャを取得せずに他のページ (c.Com) にユーザーを移動する可能性があります。



最終的には、訪問者が戻ろうとすると、履歴のエントリの一部が無視され、目的地のページに移動することが困難になります。

この機能は、ユーザーの意図なしに追加された “戻る/進む] ボタン呼び出しの “戻る/進むリスト” のすべての履歴エントリをジャンプします。スキップされたエントリ(スキップされるエントリ)は、ウェブサイトによって追加されたエントリです。

Google Chromeの新機能は、すでにレビューされ、承認されているので、すべて開始される予定です。

この機能は、履歴操作介入が後方ボタンと前方ボタンにのみ影響を及ぼすすべてのオペレーティングシステムで使用できます。

画像: APフォト/マーク・レニハン

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.