Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルは、モノのインターネットに焦点を当てるためにAndroidのものの生産をトーンダウンする / グーグル

投稿日:

Googleは最近、Android Thingsに関する調査を消費者向けのスマートスピーカーとディスプレイに焦点を当てることを制限していると主張した。Googleが消費者向けデバイスに焦点を当てることを目指しているモノのインターネット(IoT)デバイスと製品の開発者であるデイブ・スミス。

は、相互に相互接続された数千の物理デバイスの接続を指し、データと情報を迅速に共有および収集することができます。Googleは、クアルコム、NXP、MediaTekに基づく製品のサポートを目指さないと主張している。Androidの事ソフトウェア開発者キットは、簡単にNXPとラズベリーパイ3Bハードウェアとのコラボレーションで使用することができます。デイブ・スミスは、Googleがクラウド・インターネット・オブ・シングス・コアとクラウドIoT Edgeランタイムの助けを借りて、開発者とモノのインターネットの目的を支援していると主張しています。

関連:

クラウドとモノのインターネット製品に焦点を当てることで、GoogleはマイクロソフトのAzureとアマゾンウェブサービスのサービスに沿って来ることを目指しています。グーグルのアンドロイド・シングスは、クアルコムとクアルコムの製品やサービスをサポートすることに焦点を当てています。Android Thingsの以前の進捗状況は、リファレンスデザインと開発者ハードウェアのサポートを提供しました。Googleは最近、モノのインターネットデバイス用のオペレーティングシステムを管理するAndroid Thingsの10回目のリリースを終了しました。

写真: ベニー・マーティ・シャッターストック

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.