Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグル、ユーチューブ、フェイスブックは世界で最も訪問されたウェブサイト(インフォグラフィック)/グーグル

投稿日:

誰もが今インターネットを使用しているので、世界で最も訪問されたウェブサイトへの答えを知っていることは非常に明白です。私たちは皆、日常的にそれらを使用し、それが統計の面で(今のところ)ほとんど無敵である理由であり、また、これらのサイトが私たちの生活に容易をもたらす方法です。

はい、あなたはそれを正しく推測しました!上位3つのウェブサイト(ページビュー数は1ヶ月あたりの)は、Google(925億回閲覧)、YouTube(346億ビュー)、Facebook(255億回閲覧)です。

しかし、同様の数が世界のトップ50のウェブサイトに増加すると、あなたが知らない他の驚くべき統計がたくさんあり、それは私たちが今明らかにしようとしているものです。

上位3つのウェブサイトが一緒にケータリングする訪問者の数を合計すると、正確には毎月1,520億回の訪問があり、この数字だけでリストに記載されている残りの47のウェブサイトの合計を支配しています。

パンデミックが起こり、人々が仕事、学習、コミュニケーション、そして今年の買い物のためにオンラインプラットフォームに依存することになったので、(2020年11月の時点で)引き出されたデータにもすべての要因が含まれています。

現時点で世界のトップ50のウェブサイト

トップは間違いなく、年間2兆件の検索クエリを扱うアルファベット所有のGoogleであり、そのGoogleは広告を通じて収益の80%を取り込むこともできます。

2番目のスポットでは、27億人のユーザーを持つ世界最大のソーシャルメディアプラットフォームがあります。そして、平均的なユーザーが毎日サイトにほぼ34分を費やしていることが観察されています。さらに、数十億人のユーザーの36%は、Facebookを通じて世界で起こっていることについて最新の状態を維持することを好むと認めています – 忘れてはならない、この比率はすべてのソーシャルプラットフォームの中で最も高いです。

中国の主要な検索エンジン百度も7位にランクされています。11月には56億人の来場者を得て、現在は自国の吉利の自動車メーカーと提携することで電気自動車(EV)への投資を計画している。

パンデミックのおかげで、Zoomは#15に飛び上がり、TikTokも上昇したので、現在43位に立っています。

原産国別のトップウェブサイト

米国は、27が国に属する世界中のトップウェブサイトのハブであると言うことができます。このクレジットの多くは、1つの会社がいくつかのプラットフォームを所有しているという事実にも当てはまっでしょう。

たとえば、#28のマイクロソフトは、LinkedIn(#25)やLive.com(#16)など、世界のトップ50のトップサイトのうち7つしか所有していません。また、Twitch.tv(#32)を含む5つのドメインと、日本、英国、ドイツの他のすべてのアマゾンに焦点を当てたドメインを所有するアマゾン(#13)もあります。

その後、彼らの名前に5つのサイトを持つ中国が来ます。バイドゥ(#7)、QQ(#34)、ビリビリ(#42)、ティクトク(#43)、アリエクスプレス(#47)。また、テンセントが所有するQQ.comも9億8,100万人以上の月間訪問でリストに入っており、リストの中で最も多くのニュースサイトとみなされています。

残念ながら、ロシアと日本に属するトップサイトは4つしかありませんが、世界の他の地域は残りの10のトップサイトを完全に占めています。

最終的な結果は何ですか?

2019年後半(6月から11月の間)、Googleの月間訪問者数は52.9%増加しました。しかし、この成長率は依然として89.1%と#6のInstagramを下回り、ツイッターも67.1%で#4しています。

大手ハイテク企業は市場シェアを拡大しているだけであり、その良い例は再び検索広告市場の90%を支配するGoogleです。実際、このすべてが取り扱いになりすぎていて、いくつかの規制機関も彼らに対するより大きな精査を計画している理由です。

ハイテクの世界の成長に何か制限はありますか?時間だけが教えてくれます!

インフォグラフィックの礼儀: .

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.