Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

あなたは今、Google ChromeでHTTPSファーストモードのオンとオフを切り替えることができます, ここに方法 / グーグル

投稿日:

GoogleのHTTPSに重点を置くことは、主にこの種のことで利用できる優れたレベルのセキュリティに拍車がかかり、ほとんどのサイトがデフォルトでHTTPSバージョンのページを読み込むようにしています。ハイテク大手は現在、ChromeのHTTPS最初の設定を変更できるようにすることで、ユーザーが利用できるセキュリティのレベルをもう少し制御しようとしています。

しかし、この点に関しては、Googleが実際にパーティーにかなり遅れていることに注意することが重要です。Firefox by Mozilla とマイクロソフトのエッジの両方が、この種の設定をかなり長い間提供してきましたが、オンラインで一流のセキュリティを望むユーザーは、この新機能の活用を調べたいと思うでしょう。

HTTPS ファースト モードをオンにするには、まず Chrome カナリアのバージョン 94 を使用していることを確認する必要があります。その後、あなたは chrome://flags/#https-only-mode-settingに行かなければならないでしょう。ここに行くと、HTTPS Firstモードを有効または無効にできるオプションが表示され、好みの設定を選択すると、次のステップはブラウザを再起動することです。

これで、高度なセキュリティ設定に移動し、Chrome が常に安全な接続を使用するようにするオプションを切り替えることができます。

「常にセキュア接続を使用する」オプションを有効にすると、非 https (または HTTP) URL が強制的に Web アドレス (HTTPS) を保護します。

たとえば、HTTPS ファースト モードを使用せずにこのページhttp://http-password.badssl.com/ すると、次のような表示が表示されます。

また、HTTPSファーストモードを有効にした場合、Chromeブラウザは最初にサイトに安全なコンテンツを強制的に開こうとしますが、サイトがセキュアな接続をサポートしていない場合は、次のような警告が表示されます。

この機能はオンラインでのセキュリティを大幅に向上させることができますが、Chromeがこの機能を遅く追加したという事実は、Googleが以前ほど革新的ではないことを示す兆候かもしれません。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.