Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

Windows 11、発売を前に1.3%の市場シェアを達成 / マイクロソフト

投稿日:

マイクロソフトから出てくる新しいオペレーティングシステムはかなりの話題を生み出しており、このプラットフォームが見てきた市場シェアは、今後数年間で非常に人気があるかもしれないことを示しています。現在、Windowsの最も人気のあるバージョンはWindows 10、特にWindows市場全体の38.1%のシェアを持つ21H1アップデートです。

そのすべてが言われ、今では邪魔になっているので、Windows市場全体の1.3%のシェアしか持っていないため、Windows 11はこの数に近い数字を見ていないことに注意することが重要です。しかし、これは考慮され、考慮されているすべてのもので見えるかもしれないほど悪くはありません。結局のところ、オペレーティングシステムはまだ完全に立ち上がっていませんが、その市場シェアは0.9%から上昇し、それ自体が将来人気の強い兆候でした。

これは、によってリリースされたデータから来ており、Windows 11が市場シェアで成長しており、市場の残りの部分がWindows 10によって支配されているという事実は、オペレーティングシステムの新しいバージョンが標準になりつつあることを示しています。これは、多くのユーザーがオペレーティングシステムがWindows 7よりも劣っていると激しく批判し、そのほとんどがWindows 10が起動されるまでWindows 7に固執することを選択しなかった場合、Windows 8の時代に見られたものからの変更です。

マイクロソフトが優れたオペレーティングシステムをリリースし、その後にひどいオペレーティングシステムをリリースすることは少しテーマでした。例については、かなりひどいWindows Vistaが続いたWindows XPを参照してください。Windows 11は、世界有数のオペレーティングシステムプロバイダとしての地位を確保するため、このストリークを破ることは間違いなく同社にとって素晴らしいものかもしれません。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.