Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

Microsoft エッジ カナリアの新機能により、ユーザーは別の暗号化された DNS プロバイダーを使用できます。

投稿日:

最近、GoogleはChromeブラウザで暗号化機能をテストしており、この機能はユーザーのプライバシーをオペレータから保護するためにDNS(ドメインネームシステム)リクエストを暗号化するように設計されています。マイクロソフトはまた、暗号化された DNS 要求のサポートを強化するために取り組んでおり、同社はすでに Windows 10 の Dev バージョンで DoH 機能を導入しています。

今、同社はまた、エッジブラウザにDoHサポートをもたらしているようです。最近、同社はセキュアDNSのサポートに付属している(不安定なバージョン)を展開しました。

新しい機能は、ベータ版にプッシュされる前にエッジカナリアに最初に追加され、最終的には安定版の Microsoft Edge ブラウザーに追加されます。エッジ カナリアのセキュリティで保護された DNS 機能は、DNS オーバー HTTPS の会社の実装です。暗号化されたドメインネームシステムは、ウェブトラフィックのコンテンツと宛先をプライベートに保つことを可能にするため、プライバシーを高める議論の余地のある技術です。

セキュア DNS 機能は、Microsoft Edge カナリアのビルド 86.0.612.0 で既定で有効になっており、おそらく、この機能はベータ版と Edge ブラウザーの安定版でも有効になります。

セキュア DNS を構成するには、まず Edge で [設定] を開き、[プライバシー] セクションに移動するか、アドレス バーに直接 edge://settings/privacy を入力する必要があります。ここで、[セキュリティ] セクションに移動すると、”セキュリティで保護された DNS を使用して、Web サイトのネットワーク アドレスを検索する方法を指定する” という設定が表示されます。この機能は既に ‘現在のサービスプロバイダを使用する] に設定されていることがわかります。ただし、アクティブ プロバイダーが Secure DNS (ドメイン ネーム システム) をサポートしていない場合は、[サービス プロバイダーの選択] オプションを有効にすることもできます。

[サービス プロバイダの選択] に切り替えると、選択できるサービス プロバイダの一覧が表示されます。利用可能な4つのプロバイダには、クラウドフレア、クリーンブラウジング、グーグル、クワッド9が含まれます。さらに、統合されていないカスタム サービス プロバイダーを選択することもできます。この目的のために、DNS サーバーのアドレスを空のボックスに貼り付けるだけで済みます。設定ページを閉じた後、エッジ ブラウザーでセキュア DNS 機能が有効になります。

H/T: .

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.