Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

2022年第1四半期のマルウェア攻撃のほぼ80%がMicrosoft Officeのセキュリティ欠陥/マイクロソフトによって引き起こされた

投稿日:

Microsoft Officeは世界で最も人気のあるソフトウェアスイートの1つであるため、非常に多くのマルウェア攻撃の根本原因であり、すべてのことが考慮され、考慮されていることは非常に驚くべきことです。によって公開されたデータによると、マルウェア攻撃の80%弱、正確には78.5%が、2022年第1四半期にさまざまなMicrosoft Office製品の脆弱性を悪用して行われました。

これらすべてが言われ、今では邪魔にならないように、Microsoft Officeの脆弱性を悪用する攻撃の割合が非常に急速に増加していることに注意することが重要です。2022 年 第 1 四半期より前のデータが入手できる最後の四半期である 2021 年 3 四半期には、マルウェア攻撃の 60% 強が Microsoft Office スイート内に存在する脆弱性を使用していました。

このソフトウェアスイートには世界中で10億人以上のユーザーがいますが、これが事実であるという事実にもかかわらず、Microsoftはマルウェアの問題を真剣に受け止めていないようです。逆に、ブラウザの脆弱性を利用するハッキングやエクスプロイトは減少し、2021年第3四半期の25.57%から2022年第1四半期にはわずか7.64%に減少しました。これは、既知の脆弱性を差し込むブラウザが自動的に更新されるためであり、これはMicrosoftがOffice製品で試してみたい機能です。

Androidもその割合が5.36%から4.1%に減少しており、Adobe、Java、PDFはそれほど変化を見ていないが、そもそもその割合はごくわずかだった。

マイクロソフトは、これが潜在的に自社製品に攻撃をさらに集中させる可能性があるという事実のために、はるかに長い間栄誉に安住することはできません。悪用とマルウェアの配信のための他の手段は明らかに彼らの基盤をカバーしており、マイクロソフトは進歩していないので、悪意のあるアクターは当然のことながら、彼らの選択の配信メカニズムとしてそれに目を向けています。この傾向は、近い将来にマイクロソフトが対策を講じなければ、さらに強まるでしょう。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.