Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

仮想アシスタント市場におけるGoogleの第3ポジション – アップルとウィンドウズは、第一と第二 / マイクロソフトになります

投稿日:

GoogleアシスタントとアマゾンのAlexaは、市場で有名な仮想アシスタントですが、誰が彼らが3番目の位置に引きずり下ろされると思っただろうか?

そうです!

最近、アップルのSiriが市場シェアの35%を占めているというデータを発表した調査が最初のポジションにあります。一方、マイクロソフトのCortanaは22%の市場シェアを占めています。グーグルアシスタントとアマゾンアレクサは、それぞれ9%と4%の市場シェアしか占め合いではありません。

この背後にある最大の理由の1つは、デバイスにSiriとCortanaを事前にインストールすることです。アップルはiPhone、MacBook、時計にSiriをプリインストールしています。それとは別に、マイクロソフトのコルタナはすべてのWindows 10デバイスにプリインストールされています。

Googleアシスタントに来ると、Chrome OSやGoogle Homeなどのファーストパーティ製品にのみプリインストールされています。一部のAndroidデバイスには、プリインストールされたアシスタントが付属していますが、それはそれです。



ここでは、Androidユーザーは、自分の携帯電話にアシスタントをインストールするかしないかのどちらかのオプションを持っています。それとは別に、アシスタントはアップルのiPhoneやiPadにもインストールすることができます。裏を返せば、Siri と Cortana は他のデバイスにインストールできません。

この要因を考えると、Googleは巨大な市場シェアを持つべきですが、それでも3位です。Googleは、トップに滞在するために、これらの数字に取り組む必要があります。

バーチャルアシスタントの出荷台数は2019年に11億台で25%増加しました。フューチャーソースは、この比率は2023年までに25億に達すると予想しています。

写真: ゲッティイメージズ経由のワチウィット

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.