Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトエッジはすぐに2番目に使用されるデスクトップブラウザになる / マイクロソフト

投稿日:

クロムベースのバージョンを好む Google Chrome または Mozilla Firefox の新しいマイクロソフト エッジ ブラウザーを使用する人が増えています。

2月にまとめられた新しいデータは、新しいEdgeの導入後、Firefoxの市場シェアがここ数週間で減少した。

したがって、マイクロソフトエッジは2番目に使用されるデスクトップブラウザになりつつ、来月までにFirefoxはおそらく3位になるでしょう。

先月の発売前後、Google Chromeは予想外に市場シェアを66.93%から67.27%に改善した。一方、Firefoxは株価が8.12%から7.57%に下落したため、下落した。

しかし、マイクロソフトは市場シェアが7.02%から7.39%に上昇し、この傾向が続けば、来月2番目に使用されるデスクトップブラウザからFirefoxを置き換える可能性が非常に高い。

クロムベースのブラウザがWindows 10、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、さらにはmacOSでデフォルトブラウザとして提供されているので、マイクロソフトエッジがそれを上に置くのを見ても驚くべきことではありません。マイクロソフトエッジは現在、クロムエンジンによるクロスプラットフォームブラウザであり、同社は今後数ヶ月でLinux版の導入に取り組んでいます。

今後数ヶ月の間に、Microsoft Edge が他の多くのユーザーに採用されることは、人々が喜んで試してみることを期待しています。しかし、Chromeの市場シェアの近くに到達するには何年もかかるでしょう。

ブラウザ市場シェアデータ経由: ネットマーケットシェア

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.