Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトウィンドウズ11の採用率はウィンドウズ7を上回っていますが、15%で停滞したままです/マイクロソフト

投稿日:

Windowsオペレーティングシステムは間違いなく全世界で最も人気のあるOSですが、どのバージョンが最も広く使用されていますか?このOSの最新のイテレーションであるWindows 11は、すべてのことが考慮され、考慮されているため、採用率がかなり停滞していることが判明しました。Windows 11は11年余り前にリリースされましたが、これが事実であるという事実にもかかわらず、Microsoftが好むであろうレベルの採用は見られませんでした。

そのすべてが言われ、今では邪魔にならないので、Windows 11の採用率は現在約15.44%で推移していることに注意することが重要です。これはWindows 7に先んじて2位になりますが、Windows 7のサポートが中止されたにもかかわらず、OSがすべてのWindowsオペレーティングシステムの中で9.6%の市場シェアを持っていることを考えると、それは驚くべきことではありません。

トップの座は引き続きWindows10によって保持されており、この遅い成長率は、Windows11がそれらの目まぐるしい高さに到達するまでに本当に長い時間が必要であることを示唆しています。Windows 10は、Windowsユーザーの72%が選択するOSです。全体として、全世界のデスクトップユーザーの約76%がWindowsを使用しています。15.74%がmacOSを使用し、2.6%がLinuxを好み、2.38%が現在Chrome OSを使用しています。

マイクロソフトは、採用率を高める可能性のある種類のものであるという事実のために、Windows 11の多くのアップデートをリリースしていますが、これらの試みは大きな成果を上げていません。ユーザーは自分が最もよく知っていることに固執しているようで、Windows 10に慣れすぎて次のイテレーションに進むことができません。

これは、XP以来マイクロソフトがリリースした最高のOSとして広く歓迎されたWindows 7の驚くほど高い採用率によっても見ることができます。マイクロソフトは、7と8.1のリリースにもかかわらず人気があるなど、大胆な新しいオペレーティングシステムのリリースに問題がありました。同じことがWindows11でも発生するかどうかを確認するのは興味深いでしょう。

 

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.