Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトはAnyVisionの顔認識技術/マイクロソフトに別れを告げることを決定しました

投稿日:

マイクロソフトとAnyVisionとの関係は、マイクロソフトのベンチャーファンドであるM12による単なる少数投資でした。

マイクロソフトは自社製品で AnyVision 製品やテクノロジを使用したことがないため、AnyVision はマイクロソフト独自の顔認識製品の成功に影響を与えませんでした。

AnyVisionの株式の売却に関する決定は、アソシエイト会社が大規模な監視プログラムに関与したことで直面するという批判に応じて行われた。疑惑のニュースを裏付ける決定的な証拠は出てこないが、マイクロソフトとAnyVisionは両社の最善の利益として分裂を発見した。

マイクロソフトとAnyVisionは、マイクロソフトが「顔認識技術を販売する企業への少数株主投資を終わらせるために、投資方針にグローバルな変更を行っている」と指定しています。

マイクロソフトは、後退する前に議会に電話し、顔認識技術が悪用されるのを防ぎ、人権を保護するための規制を導入しました。それに加えて、同社の社長ブラッド・スミスは、ツールが強力であるほど、それが引き起こす可能性のある利益や損害が大きくなるという事実について常に取り組してきました。

2020年4月4日に更新された投稿。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.