Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、Windowsのロック画面ページにリンクドイン広告を表示し始める / マイクロソフト

投稿日:

ハイテク企業は、可能な限りさまざまな製品やサービスを宣伝しようとしますが、多くの場合、これらの企業は、考慮され、考慮されたすべてのことに関して、この点で行き過ぎてしまいます。ちょうど今週、マイクロソフトはソーシャルメディアプラットフォームLinkedInをWindowsログインページに宣伝し始めたことに注意しました。

マイクロソフトは、有名なオペレーティングシステム上のログイン(および画面ロック)ページと過去のすべての可能なコーナーで製品を宣伝してきましたが、これらは、そのようなもののための広告を含むWindowsを使用するものに多少関連していた製品でした.LinkedIn の広告は完全に独立したエンティティであるため、関連性が高くなく、マイクロソフトがオペレーティング システムから利用する必要があるユーザー エクスペリエンスに組み込んだ無料広告には、理想的には制限が必要です。

Microsoft Windows のロック画面には LinkedIn リンクドインリンク広告が表示され、このページの https://www.microsoft.com/en-us/windows/remote-resource-center/resume-and-interview-help-find-new-job?ocid=FY2108ENG_IDEOS4_inp_rmc_win (下のスクリーンショットが掲載されています)

幸いなことに、このような広告を完全に見るのをやめる方法があります。1 つの手法では、Windows の設定にアクセスし、パーソナル化セクションに入り、ロック画面をクリックして、マイクロソフト製品に関する楽しい事実を得ることについて話すオプションを切り替えます。

多くのユーザーはスタートメニューの提案にも悩まされており、これらをオフにするのは、実際に必要なのはパーソナライゼーション設定に入って[スタート]メニューの関連オプションを選択することだけです。マイクロソフトは本当にこのような広告であなたを砲撃すべきではありませんが、あなたがそう選択した場合、少なくともそれらを避けるオプションがあります。結局のところ、これはあなたの人生のあらゆる側面に広告を組み込むのを望んでいません。

スクリーンショット帽子のヒント: .
 

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.