Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、TikTok英国/マイクロソフトの購入に関心を表明

投稿日:

米国政府がTikTokを厳しく取り締まる中、急速に台頭するソーシャルメディアアプリは、米国事業を最高入札者に売却する以外に選択肢がないようだ。マイクロソフトはとして登場しましたが、ハイテク大手はそこで停止する予定はないようです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダでもTikTokの持ち株を買収することに深刻な関心を示している。マイクロソフトは、TikTokのアングロフォン操作全体を.の最近の報告に従って買収したいと考えているようです。

マイクロソフトが米国でTikTokを買収することと、TikTokの英国事業には違いがあります。この違いは、英国政府は、何らかの形や形でアプリを禁止しようとする米国に従う意図を表明していないということです。これが事実であるという事実の結果として、TikTokは英国支店を売却する理由がありません。実際、TikTokは以前米国にあった本社をロンドンに移すことを検討したと伝えられており、その理由の大部分は、英国政府が米国よりもはるかに厳しくないという事実と関係があります。

もちろん、このすべては噂に基づく憶測ですが、これらの噂は良い権限で提供されています。問題の事実は、TikTokは締め切りに達するまでにあと4週間しか残っておらず、米国での事業を停止するか、それ自体を買収しなければならないということです。プレッシャーがかかっており、ソーシャルメディアアプリは多くの点で生存のために戦っています。マイクロソフトは、TikTokをまったく新しいレベルに引き上げるために使用できる膨大なリソースを持っているので、もちろんアプリを取得することから大きな利益を得るでしょう。実際の結果がどうなるかはまだ分かっていない。

写真: ゲッティイメージズによるクリス・デルマス

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.