Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、Skype と Cortana / マイクロソフトで会話を聞き続けます

投稿日:

最近、私たちはFacebookの請負業者が聞いているというニュースを共有しました.さて、それはそれが出現し、SkypeとCortanaの録音で聞くためにサードパーティの請負業者を参加させました。実際、同社は潜在的なプライバシー上の懸念にもかかわらず、その慣行を継続すると言われています。

アップル、グーグル、フェイスブックを含む他のハイテク大手が一時的に慣行を停止し、アマゾンがユーザーにAlexa会話の評価を選択または選択解除するオプションを与えているため、マイクロソフトの動きも驚くべきことです。

によると、マイクロソフトは最近、サービスを改善するためにSkypeとCortanaの会話を記録するために人間の労働者を雇ったことをユーザーに対して透過的にするために、その他のページを変更しました。また、自動データ処理と手動(人間)の両方を採用していると宣言しました。同じことがプライバシーポリシーにも記載されています。

ポリシーが変更される前に、ユーザーは請負業者が会話に耳を傾けているかどうかはっきりしませんでした。しかし、変更後、マイクロソフトは、音声認識、翻訳、意図の理解、その他の製品やサービスなど、いくつかのサービスを改善するために会話を録音していることを明らかにしました。



それにもかかわらず、マイクロソフトはユーザーが自分のオーディオ録音を削除することもできますが、最近までそのプロトコルについて透明ではありませんでした。将来的には、AppleはSiriユーザーが録画をオプトアウトすることを許可する予定です。しかし、マイクロソフトは、同様の計画をまだ宣言していません。

写真: AFP / ゲッティ 画像

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.