Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、2020年9月15日の締め切り/マイクロソフトに先駆けて、数週間のうちにTikTokを100億ドルから300億ドルに購入する可能性があると伝えられている。

投稿日:

マイクロソフトは、中国企業ByteDanceからTikTokの米国事業を買収するために、最大300億ドルの推定額を支払うと伝えられている。水曜日、マイクロソフトは今後3週間以内にByteDance所有のTikTokとの買収協議を完了する予定です。この取引は100億ドルから300億ドルの価値がある可能性があります。

TikTokの中国の親会社であるByteDanceは、同社が米国でTikTokの事業を購入できる会社を見つけようと争う中、マイクロソフトを含む複数の米国のハイテク企業と協議を行っている。TikTokの親会社は、今年の9月15日までに同社の米国事業を売却する契約を打ち出す必要がある。同社が9月15日の締め切りに間に合わなかった場合、ドナルド・トランプ米大統領はTikTok申請の全国的な禁止を述べると述べている。

先週、ドナルド・トランプ大統領がティクトクの統一国家事業を「売却」する行政命令を検討しているというニュースが流れた。マイクロソフトはByteDanceが所有するTikTokの議論のフロントランナーとして登場し、同社は週末にマイクロソフトがカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、米国でTikTokの事業を買収しようとしていることを確認しました。マイクロソフトはTikTokを買収する有力候補と考えられており、TikTokの買収に対する関心を公に発表したのは唯一の会社です。日曜日、同社はブログ記事で、米国、ニュージーランド、オーストラリア、カナダで同社の事業を購入することを確認した。

アプリが全体として300億ドルから500億ドルと評価されているので、TikTokを購入する余裕があるのはほんの少数のハイテク企業だけだと、レポートは主張しています。米国はTikTokの最大の市場の一つです。



CNBCが発表した報告書によると、マイクロソフトは、今後1年以内にByteDanceが所有するTikTokのエンジニアリングおよびバックエンドコードのすべてを移行することに既に米国政府と合意している。TikTokのエンジニアリングとバックエンドコードの大半は、ByteDanceの中国本社に基づいていることは注目に値します。

世界で2番目に価値のあるハイテク企業であるマイクロソフトも、TikTok事業の一部で他の米国投資家に少数株の購入を招待することを検討していると述べた。

写真: ソレン・フェイサ

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.