Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、脅威対策サービスの実装に関して、これまで以上に深刻であると伝えられています。/ マイクロソフト

投稿日:

マイクロソフトは、インテリジェント セキュリティ グラフをモデルにした包括的なセキュリティ サービスについて、これまで以上に真剣に取り組んできました。

(ATP) は、おそらくより良く確立されたブランドですが、Office 365 ATP、Azure ATP などの他のサービスと同様に、脅威保護の安定を構成するにすぎません。

これらの脅威対策サービスのほとんどはサブスクリプション バンドルに含まれ、Microsoft 365 パッケージの利用者に提供されます。

昨年の夏、マイクロソフトは、その進歩に関して毎月更新プログラムを提供しています。しかし、マイクロソフトセキュリティのコーポレートVPは、同社のビジョンに関してこれまで以上に深刻であり、またいくつかの興味深い開発を提供していることを。

マイクロソフトによると、10億件以上のAzureユーザーアカウント(昨年の7億5,000万件から増加)のスキャンに加えて、4,700億件以上のOutlookメール(昨年の4,000億件から増加)を分析しています。忘れてはならないのは、スキャンされた Microsoft アカウントの認証は 6,300 億 (昨年の 4500 億と比較して) です。



デバイスのスキャンや脅威の特定に関してはまだあまり改善されておらず、脅威信号分析数の増加に取り組んでいます。さらに、スキャンされたBingページ数も同じままです(180億ページ)。

グラフベースのインテリジェンスは、影響を受けるアカウントだけでなくターゲットデバイスにも影響を与える可能性がある攻撃に関する洞察を組織に提供するために使用されます。

Office 365 のセキュリティ アナリストによると、昨年、同社は約 300,000 件のフィッシング キャンペーンと 800 万件のビジネス電子メール侵害 (BEC) の試みを調査しました。FBIによると、BECの試みは、過去数年間で、多くの組織に重要かつ重要なデータを費やしてきました。損失は昨年だけで$1.3億で、これは過去2年間に被った損失を上回っています。

また、脅威保護が昨年50億件のフィッシングメールをブロックし、毎月7,200万件の脆弱性と1億2,300万件の弱いセキュリティ構成を検出することに加えて、標的となる組織に対する200万件の攻撃を毎月特定していることも明らかにしたはずです。最後に、毎年1,400万件の悪意のあるサインインが成功するのを止めることもできます。

今週初め、マイクロソフトは新しい脅威対策 Web サイトを展開し、さまざまなチームやサービスに対して、さまざまなセキュリティ インシデントに対する同社の自動対応機能を確認できます。

写真: AP通信

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.