Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、現在「Web キャプチャ」と呼ばれる変更された Web ページ の切り取りツールを、その開発およびカナリア チャネル / Microsoft

投稿日:

マイクロソフトは最近、以前の「Webノート」ツールに加えた変更について発表しました。このツールは、ユーザーが Web 上でコンテンツをキャプチャしてマークアップするために使用するユーザーの間で非常に人気がありました。しかし、マイクロソフトが新しい Edge を起動したとき、このツールは使用できませんでした。マイクロソフトがこのツールを刷新するためにいくつかの機能を調整していたことが判明し、最後に、マイクロソフトは「Web キャプチャ」と呼ばれる新しいツールを設計しました。現時点では、キャプチャする Web コンテンツのスクリーンショットを撮る機能を備えた基本的な機能です。マイクロソフトは開発とカナリアのチャネルに導入しましたが、マイクロソフトの計画に従って、将来的に Web キャプチャに機能を追加するために、より多くの変更が行われます。

現在、このツールは、単にあなたが通過しているWebページの任意の部分のスクリーンショットを撮り、それをコンピュータ上の画像として保存します。それはちょうどあなたがスマートフォンに表示される任意のコンテンツのスクリーンショットを簡単に撮ることができ、その後、あなたの携帯電話のギャラリーや他の好きな場所に保存されたスクリーンショットを見つけることができます。

Microsoft では、この機能を追加して、ユーザーがインクを追加したり、スクリーンショットにハイライトを追加したり、ユーザーが完全な Web ページをキャプチャしたり、ページのマーキング時にスクロールできるようにする機能を追加する予定です。

このツールは、キーボードショートカット、Ctrl +Shift+Sを使用して簡単にアクセスでき、ユーザーは3つのドットメニューアイコンをクリックして開き、そのメニューから「Webキャプチャ」を選択します。ユーザーは、ツールバーに表示する方法を選択して、簡単にアクセスすることもできます。

Web キャプチャを開くと、選択ツールの助けを借りて、必要なコンテンツをキャプチャできます。ユーザーが Web ページで表示できるコンテンツよりも多くのコンテンツをキャプチャする必要がある場合もあるため、Microsoft では、ユーザーがページの下の方の下にあるコンテンツを選択できるように、この機能を追加しました。選択ツールを保持してページの一番下までドラッグする必要があります。これにより、ページは自動的に下にスクロールされ、ユーザーはページを下に移動するためにキーやカーソルを使用する必要はありません。これにより、ユーザーは必要なすべてを 1 回の操作でキャプチャできます。

スクリーンショットを撮ると、ユーザーは画像をコピーまたはプレビューするオプションを持つことになります。[コピー] を選択すると、ユーザーはクリップボードに画像を追加でき、そこから、ユーザーが望む任意の場所に貼り付けることができます。しかし、名前が示すように「プレビュー」オプションを選択すると、スクリーンショットをプレビューし、好みの場所でPC上で共有または保存するためのオプションを追加できます。また、画像を確認することで、ユーザーはスクリーンショットが十分でない場合にスクリーンショットを再撮影する選択肢があります。

この機能が安定したエッジクロムビルドでいつ来るかは不明ですが、それまでは Dev ビルドと Canary ビルドで利用できます。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.