Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、グーグルクローム/マイクロソフトのためのウィンドウズ10タイムラインの拡張機能を導入します

投稿日:

マイクロソフトは、ユーザーが以前にアクセスしたすべてのドキュメントやウェブページを追跡することを可能にするGoogle Chrome上のWindows 10タイムライン拡張機能を利用可能にしました。現時点では、拡張機能は Microsoft Edge のユーザーのみが利用で済んでいます。

Web アクティビティと名付けられた拡張機能は、ユーザーが任意のデバイスから最後のセッションを再開できるように、異なるデバイス間で閲覧履歴を同期します。

「拡張機能を使用すると、Chromeのサイトにアクセスし、タイムラインに表示されるのを見て、中断した場所を拾うことができます。

さらに、この機能は、クロスプラットフォーム同期機能を強化するために、Androidデバイス上のマイクロソフトランチャーを通じてGoogle Chromeのブラウジングデータを同期します。

Windows 10 タイムライン拡張機能は使いやすいです。すべてのユーザーがする必要があります自分のMicrosoftアカウントにサインアップし、彼らは最近訪問したサイトを選択し、それが中断された場所から作業を再開します。

タイムライン機能でアプリのサポートを追加する予定もありますが、Chrome拡張機能が最優先の優先事項であると述べています。

関連:

最近、マイクロソフトは 3 月に更新プログラムを展開することも発表しました。以前は、マイクロソフトは、2020 年 1 月 14 日以降にオペレーティング システムを更新する予定はなくなったと主張していました。

をクリックして、ウェブアクティビティの Chrome 拡張機能をダウンロードします。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.