Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトは、そのユーザー/マイクロソフトのためのエディタの経験を向上させる方向に見えます

投稿日:

マイクロソフトは最近、Word と Outlook の両方で、エディター機能に新しいツールを提供しています。

たぶん、多くの読者は現在、どのアプリケーションエディタを考えるために一時停止しています。マイクロソフト製品で Word などの入力プログラムを使用したことがあれば、既にこのプログラムを使用しています。エディターは Word および Outlook で利用できる組み込み機能で、ユーザーの作業に対する編集を提案します。スペルミスから文法上の間違い、言い回しに至るまで、マイクロソフトのコミュニティが書かれた作品を最大限に活用するのを助けるためにここにあります。読者がまだ混乱している場合は、簡単な視覚的なリマインダーは、スペルミスに伴うおなじみの赤い波線です。はい、それは一生懸命働いているエディタです。

開発者のShruthi RameshがOffice Insiderブログを更新すると、今後並んでいる変更について適切に理解しています。それらのほとんどは、提案された編集にキューを追加し、ユーザーが行うことができる潜在的な変更の間で選択を与えることを含みます。

Word online の使用に精通しているユーザーは、ポップアップ表示、エラーの強調表示、および定義などの置換を提供するプロンプトを簡単に認識できます。Word をオフラインで使用しているユーザーは、Shift キーを押しながら F10 キーを押して、同じウィンドウ ウィンドウのポップアップを理解できます。今回の最新のアップデートでは、Microsoftはプロセス全体を微調整し、より迅速で関連性の高い回答を探している作家にとってよりアクセスしやすくしたいと考えています。

強調表示された単語や文のエディタの提案は、マウスの右ボタンまたは左ボタンでクリックするだけで簡単にアクセスできます。Shift と F10 コマンドは、既に設定に慣れているベテランでも利用できますが、この新しい設定により、エディターは、プロンプトに慣れていないユーザーや、概念に慣れていないユーザーに対して、非常に応答性が高くなります。

これに加えて、Editor は、より単純化された候補パネルのビューを提供し、コンテキストでより関連性の高い編集が優先されます。より包括的なビューを表示するには、パネルによって提供されるカテゴリを簡単にクリックして、それを展開することができます。

Insiderのブログはさらに、マイクロソフトがライターに提供するために、よりシンプルでマウスクリックベースのインターフェイスを目指していることを提供しています。また、ユーザーに対してより多くのコンテキスト編集を提供することを目指しており、編集内容は修正している文に近いものに似ています。

Editor が呼び出されたときに画面を乱雑にせず、デフォルトの左クリックのみに依存するシンプルなインターフェイスを使用すると、ライターは本能的かつシームレスに編集から書き込みに行くことができます。この編集は、現在のチャンネルユーザーのみが利用できる一方で、まもなくWindowsとMac向けに公開される予定です。

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.