Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

マイクロソフトのCEOは、Windows OSがもはや優先事項ではないことを明らかにする / マイクロソフト

投稿日:

マイクロソフトは、世界で最も収益性の高い、よく知られているハイテク企業の一つであり、その最も広く使用され、有名な製品は間違いなくWindowsオペレーティングシステムです。Windowsは、ユーザーが懸念する限り、多くの人々にとってオペレーティングシステムの概念と同義になり、ほとんどの人はこれが今日のMicrosoftでショットを呼び出す人々にとって最優先事項であると考えています。

しかし、マイクロソフトのボールトからすぐに出てくるあらゆる種類の新製品を明らかにした後、Windowsはもはやマイクロソフトにとってそれほど優先事項ではありません。彼は、今の優先事項は、アプリを開発し、マイクロソフトが提供する傾向がある製品の範囲を拡大するとともに、ユーザーにサービスを提供することです。Microsoft Office は、同社がユーザーに提供する多くのスイートの 1 つであり、同社の事業計画の最も広範な要素の 1 つであることは間違いありません。

マイクロソフトが優先事項として Windows から離れる理由はたくさんあります。理由の1つは、Windowsが世界で最も広く海賊版のエンティティの1つであり、それを変更する方法が本当になさっていないということです。これは、マイクロソフトが使用されているすべてのバージョンが多かれ少なかれ公式であることを確認するために、多くの人々のためにWindowsを無料にすることに決めたような問題です。これは、Windowsを通じてお金を稼ぐことが以前よりも難しくなることを意味するので、マイクロソフトが他の場所で注目し始めるのは理にかなっています。



そうは言って、Windowsがすぐに廃止される可能性は非常に低いと思われます。結局のところ、それは誰もが使用し、マイクロソフトと関連付ける製品であり、ハイテク大手は、それがそのように保たれていることを確認したいと思うでしょう。

写真: ゲッティイメージズ経由のSAM YEH

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.