Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Microsoft

ビルド 2019 / マイクロソフトで明らかにされたように、マイクロソフトは、流体フレームワークを通じて Web 技術に焦点を移動します。

投稿日:

で、マイクロソフトは、流体フレームワークの開発者向けプラットフォームを開示しました。このプラットフォームを通じて、開発者はウェブ上でよりインタラクティブで共有されたサービスを作成することができます。

同社は、マイクロソフトのフレームワークを通じてウェブ上で共同執筆するスピードと広大さはこれまでにないだろうと述べた。Web 上の Office およびホワイトボード アプリでマルチユーザー コラボレーションを試した後、同社はすべてのユーザーにとってアクセス可能で有益な機能を提供することを計画しています。

Fluid フレームワークのこのシステムは、開発者がよりコンポーネント化されたコンテンツを生成し、他のアプリや新しいドキュメント形式でアクセスできるようになります。

「Fluid Framework は、インテリジェントエージェントが人間と協力してテキストの翻訳、コンテンツの取得、編集の提案、コンプライアンス チェックなどを実行する余地を作ります。このテクノロジを開発者が広く利用できるようにし、Microsoft 365 エクスペリエンスに統合します。

マイクロソフトは、Word、マイクロソフトチーム、Outlookなどのアプリにこの流体フレームワークを統合し、開発者にアクセス権を与えます。今年末までに、開発者はソフトウェア開発キットを入手できるようになります。

会議では、 Word のテキストがドキュメント内のすべてのメンバに翻訳される方法、および Microsoft Teams のチャット インターフェイスでリアルタイム テーブルを共有する方法。

クロムエッジ、クローム、Firefox、Chromeでも、ウェブ技術の互換性を広いレベルで示すためにも、同じことが実証されました。

マイクロソフトはこれまで以上にウェブに焦点を当てているようで、Fluid Framework はその一例です。エッジブラウザに関しては、 .同社は、以前のようにWindows用のアプリを動作させ、改善するだけでなく、インターネットサービスやアプリの進歩に大きな努力をしています。

注目の写真: マイクロソフト

-Microsoft

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.