Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Google / Googleによると、マシンで書かれたコンテンツは、将来的にSEOに優しいかもしれません

投稿日:

Googleは、機械で書かれたコンテンツの使用について非常に厳しいです。一般的に言えば、機械学習が考慮され、考慮されたすべてのもので有益で読みやすいテキストを作成するのに十分なほど進んでいないので、これが潜在的に検索結果の質を低下させる可能性があるという事実のために、マシンが書かれたコンテンツを持つWebページをそれほど高くランク付けしません。

そのすべてが言われ、今では邪魔になったので、機械学習は、特に過去3〜4年間で飛躍的に進歩していることに注意することが重要です。したがって、人工知能によって書かれたコンテンツが、機械が人間のように聞こえるほどスマートになり、潜在的にこれまで以上に良い書き込みをするので、誰もが見たかもしれないものよりもさらに効果的になる可能性は低いので、多くの人はGoogleがいつその立場を変えるのだろうかと疑問に思っています。

クリエイター:クリスティアン・ボチ・|クレジット: ブルームバーグ

ここで注目すべき興味深い点は、4年前の2017年に、Googleはマシンが書いたコンテンツを許可し、より多くの人々がアクセスできるようにSERPにリストアップすることを検討するかもしれないと述べたことです。その発言から何年も経った今のところ、この件について何も聞いたことのないが、Googleの従業員であるJohn Muellerが最近のビデオ(以下の特集)でこれを言及したことが判明した。

正確なコメントは、コンテンツの品質がどこから来て誰がそれを書いたよりもはるかに重要になりそうに感じ、これはコンテンツの執筆や記事の執筆などの世界で真の革命への扉を開くだろうということです。

しかし、現実的な文章を作成できる技術はまだここにはないことにも留意すべきです。機械学習が人間の書き込みパターンを模倣するのに十分な進歩を示す例がいくつかありますが、多くの場合、不思議な谷の効果だけでなく、コンテンツが実際に人工知能ベースのプログラムによって書かれたことが明らかになる特定の例があります。

したがって、この変更がいつでも見られる可能性は低いと思われますが、それが参照されたという事実は、Googleの人々が少なくとも彼らの心の奥にそれを持っていることを意味します。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.