Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Google Chromeは、保存されたウェブページのための毎週のリマインダーを導入する / グーグル

投稿日:

Googleは、そのユーザーのために使用するために、そのアプリケーションを面白く、便利に保つために、新しい機能を導入する最近、ユーザーがウェブページを保存し、後でそれらを読むことを可能にする「リーディングリスト」と呼ばれる「後で読む」という機能を導入しました。リーディングリストは、さまざまなパイル内の「読む」と「読まない」ウェブページを並べ替えることができるようないくつかの追加オプションを持つブックマークの一種であり、読み終えたページのチェックマークオプションを提供しているので、自動的に「読んだページ」フォルダに移動できます。

しかし、会話のトピックは、後で読むまたはリーディングリストオプションではなく、最近テストされていた新機能です。

FacebookやInstagramのような多くのアプリケーションは、私たちが実際にそれを楽しむためにその瞬間に忙しい場合に備えて、後で見るために投稿を保存することができます。しかし、ほとんどの場合、私たちは保存されたリストを忘れがちです。Googleリーディングリストでも起こりそうだったので、Googleは保存されたウェブページについてユーザーに思い出させるという本当にクールなアイデアを考えました。

それは最近、Googleが将来のリンクを保存するオプションを追加した後、Googleが通知スケジューラと後でリマインダー通知を読むという2つのオプションを持つサイドパネルを追加したという私たちの観察に入りました。

今後の通知スケジューラ フラグを使用すると、後で通知を読み取りフラグを使用して保存した Web ページを通知しながら、通知を表示できます。

この Web 機能の実際の目的とは何ですか。

まあ、人々は自分の保存されたもののほとんどを忘れる傾向があり、時には彼らを振り返ることさえないので、Googleはこの機能を導入して、この1週間に保存したものを毎週ユーザーに思い出させました。通知スケジューラと後で確認したリマインダーは、2つのフラグとして表示され、毎週のアラームを表示して、保存したアイテムを読みたい場合に戻ることができます。

この機能は大きな取引のようには思えませんが、Googleのようなハイテク大手がアプリケーションに向けて取り組んでいるのを見て、ユーザーにとってより良い場所になり、一般の人々にとってより興味深く便利な新しい創造的な方法を考えるのは素晴らしいことです。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.