Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Google は、その検索コンソールにドメインのプロパティを導入 / グーグル

投稿日:

Googleは最近、プラットフォーム上で検索クエリを実行した場合に受け取る情報の種類の面でさらにゲームを盛り上げました。これで、表示されているさまざまなリンクのドメイン プロパティを確認できるようになります。これは、ドメイン名が何であれ、データがどこから来ているかを確認することができるため、インターネット上で送信されるさまざまなデータパッケージのルートを探しているウェブマスターにとって非常に有益です。

まず、特定のドメインに関連付けられている可能性のある URL とサブドメインの一覧を取得します。これは確かにデータの特定のパケットの起源を隠すために、さまざまなドメインによって異なるバージョン(https、wwwなど)を使用する下手な技術を防ぐのに役立ちます。これはまた、ウェブサイトを所有している人がデータを統合するのにも役立ちます。これまではこのような集中管理されたリソースが存在し、断片化したデータを自分で収集してつなぎ合わせる必要がありました。

「DNS検証をすでに設定している場合は、今後数週間にわたって新しいドメインプロパティが自動的に作成され、すべてのレポートにデータが表示されます」と、Google検索コンソールチームメンバーのエレス・ビクソンが発表しました。さらに、「それ以外の場合は、 にプロパティ セレクタに移動し、新しいドメイン プロパティを追加して、 を使用します。今後は、可能な限りドメインプロパティを使用することをお勧めします。

検索コンソールページには、必要な詳細情報を検索結果に追加するためのドロップダウン メニューがあります。アップロードした情報がそのまま残るため、適切なドメインプロパティを必ず追加してください。これは、インターネット上に存在する様々なドメインの歴史全体を見て、本当に大きな方法でウェブのこの部分を解明する良い方法になります。

また、読む:

次を読む:

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.