Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleワークスペースは、より便利なオンラインコラボレーションのための共有インターフェイスを更新/ Google

投稿日:

ユーザーがよりシンプルで迅速なオンラインコラボレーションに参加できるように、Google Workspaceは現在、新しい共有インターフェイスを導入しています。全体のアイデアは、かつては別々のエンティティと見なされていたさまざまなコントロールを1つの超簡単なパネルにコラボレーションすることです。

ユーザーが行う必要があるのは、ワークスペースアプリページの右上にある[共有]をクリックするだけで完了です。明確に定義された単一のインターフェイスにある一連の共有オプションを紹介します。

この動きは、さまざまな組織が従来のストレージサーバーからオンラインコラボレーションを促進するより多くのオプションに移行しているため、両手を広げて歓迎されるでしょう。したがって、ファイルで作業するプロセスをシンプルで協調的な動きにするという概念全体は、間違いなく有用になるでしょう。

更新されたインターフェイスでは、「アクセス権を持つ人々」が最も強調表示され、ユーザーアカウントは「編集者」、「閲覧者」、「所有者」、「コメンテーター」などのさまざまな権限を取得します。そして予想通り、明白な理由で最大の優先順位を取得し、アプリのページの上部に表示されるのは「所有者」です。

ユーザーアクセスを削除したり、アカウントを移行したりするように設計されたユニークなオプションもあります。しかし、今のところ、所有権の移転はさまざまなビジネスユーザーアカウントには実行できず、同様にその逆も同様です。

アクセスオプションのすぐ下にはリンクのジェネレータがありますが、リンクを介してファイルにアクセスしたいすべての個人にはいくつかの編集権限があります。したがって、Workspaceのユーザーには、他の企業が自分の仕事を一目で確認できるようにするオプションも与えられます。

共有用のシートにアクセスするには、メニューの[ファイル]をクリックし、[他のユーザーと共有]を押します。Googleの推奨により、ユーザーには新しい公開オプションが提供され、もう一度[ファイル]タブを行ってウェブ上で作業を取得できます。これにより、最大 100 人の異なる閲覧者にファイルを編集するためのアクセス権を付与できます。

より多くの視聴者を追加するための検索にたまたまいる場合は、気の利いたシート、スライド、ドキュメントを1か所に埋め込む機会を与えるGoogleサイトを作成するだけです。

そして、あなたはいつでもコメント投稿者が彼らの目の前の文書をコピーしてダウンロードする機会を与えられている間、共有のための彼らの許可を変更するために編集者により多くの制御を提供するようないくつかのより興味深いオプションを偽装する設定部分で遊ぶことができます。

以前は、Googleアカウントを持つユーザーとの共有についてのみ知っていたため、数回クリックするだけでリンクジェネレータを手に入れることができました。ご覧のとおり、ここで得られる利便性の量は、以前のデザインと比較してはるかに高度です。

したがって、より大きく、より多様な聴衆との共有がはるかに簡単になると言うのは間違っていません。

H / T:。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.