Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleフォトは、編集拡張機能とソートオプションに取り組んでいると伝えられています! / グーグル

投稿日:

Googleフォトは、特にAndroidユーザーのために、写真を保存し、共有するための非常に便利なツールであることが証明されていることを否定することはできません。これは、ユーザーがそれぞれ最大16メガピクセルと1080pの解像度で、写真やビデオの無制限の量を格納することができます。したがって、Googleは、より多くのユーザーがそれを利用するために、このサービスに取り組み続けることが重要です。

まあ、Googleフォトの途中ですでにいくつかの重要な変更があるように見えます。最近、アプリ研究者のジェーン・マンチュン・ウォンは、私たちが言及している変更を強調したツイートをいくつか投稿しました。

、ウォンはアルバムのソート機能に取り組んでいる写真共有とストレージサービスについてのニュースを破った。ツイートに添付されているスクリーンショットでは、並べ替えオプションには「最新の写真」、「最終更新日」、「アルバムタイトル」などがあります。名前が示すように、「アルバムタイトル」でソートすると、すべてのフォトアルバムがアルファベット順に表示される可能性があります。

では、Googleフォトは現在、”Warp”と呼ばれる編集拡張機能(Adobe Photoshopのクローン)に取り組んでいると言われました。



深い経験と写真編集への情熱を持っている人は、名前に精通しているかもしれません。不慣れな人のために、「ワープ」を追加すると、写真の視点を調整することができます。

Wong が共有するスクリーンショットからは、”Warp” 拡張が開発の初期段階にあるように見えるので、一般的なリリースを検討するにはしばらく時間がかかります。

ユーザーは、新しい拡張機能に対して複雑な感情を持っています。一部のユーザーは、「ワープ」は現時点では必要ではなく、Googleフォトはユーザーが要求している機能を展開し、すでに実装されているものの問題を解決する必要があると考えています。

現時点では、上記の変更のいずれも、リリース日が設定されています。ただし、アルバムのソートオプションは、”ワープ”拡張よりも早く展開される可能性があると予測できます。今後の更新をお楽しみに。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.