Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleドキュメントは、ユーザーがはるかに簡単にテーブルを作ることを可能にする一連のインターフェイスアップデートを追加しています / Google

投稿日:

Google ドキュメントは、ユーザーがより簡単にテーブルを作成およびカスタマイズできるようにするインターフェイスの更新です。

WordとGoogleドキュメントで正確なテーブルを作るときに感じる文字通りの苦悩は、私は誰もが彼らの人生のある時点で慣れていると確信しているような感覚です。もちろん、Word に関しては、ユーザーが扱いやすく、時間を取ることさえできないテーブル作成エクスペリエンスを実現するために、インターフェイスが大幅に改善されました。一部のユーザーは、Docsのようなプラットフォーム上でのテーブル作成が難しい場合は、Sheetsに頼り始め、そこからテーブルをコピーする必要があると主張することができます。しかし、それは不必要なステップですよね?いずれにせよ、Googleはインターフェイスが何らかの改善を使用する方法を認識し、Docsでテーブルを扱いやすくするためのいくつかのアップデートを持ち込んでいるようです。最新のインターフェイス変更によってユーザーが実行できる操作を見てみましょう。

Docs が提供する画像編集機能と同様に、テーブルの変更や更新は、遅延なくリアルタイムで反映され、全体的な円滑な処理が可能になります。この方法では、新しい変更によって編集がどのように影響を受けるかを見てみましょう。まず、テーブル内の行や列を移動する方が少し簡単になりました。Google は、行や列にカーソルを合わせるとポップアップするオーバーレイに大きく依存しています。このようにして、ユーザーは、それらを移動するために何をすべきかを正確に知っています。また、ユーザーが並べ替えを行う場合は、列を昇順または降順で並べ替えることもできます。

行を固定できるようになったので、行は他のテーブルにも表示されます。行は見出しと何も伝えることがよくありますが、同じドキュメント内の多数の異なるテーブルで同じ場合があります。したがって、ピン留めされているユーザーは、コピーと貼り付けに関する不必要な仮想レッグワークを大量に節約するだけです。列と同様に、行も並べ替えることができます。ただし、昇順と降順ではなく、行はホストするコンテンツに応じて、少し自由にソートされます。最後に、次の行の作成時に 2 つに分割するのではなく、そのまま残る行プロパティを割り当てる方が簡単です。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.