Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleアシスタントは、今後のAndroid 12 / Googleでデフォルトで電源ボタンを介してアクティブ化されていません

投稿日:

ハイテク大手のGoogleは、マテリアル・ユーと根本的なデザイン変更をもたらす計画を共有しました。ただし、ビジュアル インターフェイスでは保持されません。同社が毎年発表したGoogle入力出力(一般的にGoogle I / O、開発者会議)によると、今後のAndroid 12は、他のデバイスのユーザーがすでに精通している方法で電源ボタンを改造する予定です。

現在、Android 11では、電源ボタンを長押しして使用されるGoogleホームとGoogleペイホームコントロール。Android 12の場合、これらのコントロールはクイック設定メニューに表示されます。

この新しい今後の変更は、サムスンが最初にこの変更を導入したときにユーザーに以前は評価されていなかったので、議論の余地がある可能性があります。他のハイテク大手、アップルもiPhoneとiPadで同じことをしたことで有名です。これらのデバイスの電源ボタンを長押しすると、Siriアシスタントが起動します。

この電源ボタンアシスタント機能は、Android 12の最初のベータ版ですでに出されています。これは、基調講演がI /O会議から出た直後にリリースされました。しかし、この機能はデフォルトで無効にされており、システム>ジェスチャー>電源メニューから設定メニューで見つけることができるので、誰もが驚いたままでした。初めて電話を起動すると、[アシスタントの保留] 切り替えは無効にされた状態になります。

Googleの基調講演で新しい機能が説明されている場合、なぜ無効に保たれるのかという疑問が生じます。この質問に対する答えは、機能がまだ完全に準備ができていないということです。ユーザーがリリースされたベータ版でトグルを有効にすることにした場合、電源ボタンを長押しするとGoogleアシスタントの音声リスナーウィンドウが有効になりますが、欠点は、ユーザーが現時点で携帯電話を介してオフ、再起動、または緊急サービスに連絡するオプションにアクセスできないことです。

したがって、トグルインが有効になっている場合、電話機の電源を切る唯一の方法は、ハードパワーサイクルをトリガーするまで電源ボタンを押し続けることです。この制限は、進行中の開発プロセスで開発者によって修正される可能性があります。

H/T: .

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.