Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleはnofollowリンク属性を「ヒント」として考慮する – あまりにも多くのリンク属性を追加します / Google

投稿日:

先週、Googleウェブマスターチームは、ランキングに使用されるコマンドではなく、nofollowリンク属性(つまりrel = nofollow)を「ヒント」として扱うことを発表しました。さらに、検索大手は、スポンサーコンテンツとユーザー生成コンテンツに対して、nofollowリンククラブに参加するためのリンク属性をさらに2つ追加すると発表しました。

によると 、rel = “sponsored” 属性は、広告、スポンサーコンテンツ、その他の契約の一部として作成されたサイト上のリンクを決定するために使用され、何らかの補償が生じるという。

一方、ユーザー生成コンテンツに使用されるリンクには 、rel = “ugc” 属性値が推奨されます。たとえば、フォーラムの投稿やコメントなどです。

また 、rel = “nofollow” リンクを知らない人にとっては、ウェブマスターがページにリンクしたいが、いかなるタイプの裏書も望んでいない場合のためのものです。

今後、Googleはnofollowリンク属性をヒントとして扱います。つまり、リンクをクレジットとしてカウントしたり、スパムとみなしたり、ランキングの目的で使用したりすることがあります。Google はまた、2020 年 3 月以降、クロールとインデックス作成に同じリンク属性を使用すると発表しています。

Google は、この変更は、今後の検索結果の改善に役立つ個々のリンクに関するデータを収集するために実装されていると説明しました。



しかし、Googleは、検索結果は変換の影響を受けず、この変更はアルゴリズムがリンクを扱う方法に対してより柔軟性を与えるだけだと主張しました。

ウェブマスターやサイトの所有者のために、Googleは彼らがすぐに彼らのnofollowリンクに変更を加える必要はないと言いました、 そして、「あなたがすでに持っている任意のnofollowリンクを変更する必要は絶対にありません」。しかし、スポンサーコンテンツの場合、検索エンジンの巨人はできるだけ早く変更を行うことをお勧めします。Web マスタは、これらの属性の組み合わせを 1 つのリンクで使用することもできます。たとえば 、rel = “ugc スポンサー” は 、リンクがユーザー生成コンテンツから取得され、スポンサーも付いてきたことを Google に示します。

結果として、より多くのコメントスパムがありますか?

グーグルはノーと言う!

Googleによると、この変更はコメントスパムを増やすものではありません。実際、新しいリンク属性はスパム保護機能をさらに強化します。Google では、ユーザーが以前と同様に、検索内のリンクをどのように使用しているかを慎重に評価し続けます。

Googleは2005年にnofollowリンク属性を立ち上げました。当初は、コメントスパムを防ぐことを目的としていたが、広告関連またはスポンサーリンクにフラグを立てる方法で拡大した。現在実装されている変更は、検索結果に大きな影響を与えないと言われます。しかし、SEOのいくつかの大きな変化は間違いなく続くと思います。どう思いますか。

写真: ヌルフォト / ゲッティイメージズ

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.