Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

GoogleはChromeブラウザにパスワード検診拡張機能を統合しました, Googleは8月31日までに拡張機能を日没に / Google

投稿日:

昨年10月、Googleはオプションの拡張機能としてパスワードチェックツールを導入しました。このツールは、サードパーティのサービスに影響を及ぼす侵害で、保存したログイン資格情報が侵害された場合に警告を発します。このツールはもともとChrome拡張機能として導入されましたが、その後Chromeのオンラインパスワードマネージャーに統合されました。Googleは昨年末までにこのツールをChromeブラウザに統合する予定だが、同社はそれをChromeに焼き込むことができなかった。現在、計画が完了し、ツールが Chrome ブラウザに統合されました。

来月末までに、同社は日没し、すでにパスワードチェックアップ拡張機能をアンインストールするようにユーザーに警告しています。パスワードの再利用を考慮すると、サードパーティの侵害によって、複数のパスワードが公開されることがよくあります。パスワードチェックアップは警告を表示し、安全でないパスワードを使用してログインしようとすると、パスワードを変更するように求める赤いセーフブラウジングのようなダイアログが表示されます。

ツールはプライバシーを保護する方法で動作するので、あなたの個人情報は検索エンジンの巨人、Googleに明らかにされることは決してありません。2019年10月に戻って、ツールはに統合されました.また、パスワードの再利用や脆弱なログイン資格情報についてもユーザーに警告します。

最新の統合では、すでに拡張機能を使用しているユーザーに対してサンセットアナウンスが発行されました。パスワードチェック拡張機能は、Web 上で引き続き使用できます。ツールを実行するには、passwords.google.comに移動する必要があります。また、Chrome ブラウザで保存したすべてのログイン認証情報の一覧を確認することもできます。しかし、2020年8月31日に延長が解除されるとGoogleは発表した。



Googleは、このツールがChromeブラウザに完全に統合され、同社は8月31日に延長を日焼けさせると発表した。今年の8月31日以降、拡張機能は自動的に無効になり、第三者のデータ漏洩でユーザー名またはパスワードが侵害されたかどうかに関わらず、パスワードチェック拡張機能からアラートを受け取ることなくなります。

このサービスを引き続き使用する場合は、Chrome ブラウザにログインする必要があります。「パスワードがデータ漏洩で公開された場合は警告する」という Chrome セキュリティ設定を有効にしてください。Googleは、100万回以上ダウンロードされた拡張子を削除するために便利な「今すぐアンインストール」ボタンを追加しました。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.