Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleは再び人間の従業員にユーザーの音声録音を聞かすようになっている – しかし、彼らの同意を得て / Google

投稿日:

それは再び非常に議論の余地のある決定かもしれませんが、Googleは再び、製品ラインのオーディオ書き起こし能力を評価するために、人間の従業員がユーザーの音声録音を聞くようにする練習を開始することを決めました。

しかし、今回Googleは、すべてのユーザーに対して特定のサービスをシャットダウンし、事前にオプトインを選択したユーザーからの音声のみを聞くため、制御下にあるものがあります。

Googleは水曜日、Googleマップや非常に人気のあるアシスタントを含む音声コマンドに基づいて同社の製品を使用しているすべてのユーザーに電子メールを送信しました。このメールは、Googleが自分の個人的なオーディオを聴くようにするオプションから自動的にオプトアウトされたことをユーザーに伝えたので、誰かがオーディオ共有に参加したい場合、Googleはさらに人々が登録できるリンクを与えました。

Googleの広報担当者によると、検索エンジンは設定を更新し、現在Googleアシスタントのような製品を改善中です。したがって、より多くの機能を追加し、相互作用をより人間的なものにするために、開発者は会社が好みを求めるために選択したより多くのオーディオ録音を必要とします。

昨年まで、GoogleはAI書き起こされたオーディオを評価するためにGoogleに代わってオーディオ録音を聴き続けた第三者の人間のリスナーの悪い選択肢に頼っていました。しかし、広範囲にわたる反発の後、同社は昨年9月にこの慣行を中止せざるを得なかった。したがって、今回のGoogleは、近い将来に問題に直面する必要がないように、貢献することを選択しているユーザーのためにすべての小さな詳細を追加します。

Googleは、この種のプライバシー侵害を長い間続けてきただけではありません。フェイスブック、アップル、マイクロソフト、アマゾンは昨年、この問題に関して同様の批判に直面した。

このメールでは、オプトインする準備ができている人は18ヶ月間、アカウントにオーディオ録音を接続すると公然と述べています。その後、録音は消え、人間のレビューのために提出されます。

H/T: .

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.