Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleはインドのユーザー苦情に対する自主規制機関の追加に熱心ではない/Google

投稿日:

検索エンジン大手のGoogleは、インドでの自主規制機関の設立に関する留保を公開することを控えていない。

同社は、東南アジアの国でユーザーの苦情を聞くように設計されたシステムを導入する予定はありません。しかし、興味深いことに、仲間の技術パートナーであるTwitterとFacebookは、この決定に問題はないと考えている。

このニュースは最近公開され、この問題に精通している匿名の情報源から情報を入手したと主張しています。

今年の6月、インドがユーザーの苦情を聞くためだけに設計された政府パネルを提唱する計画があることに言及しているのを見かけました。これは、コンテンツのモデレーションに関する決定に関するものでした。

さらに、業界が協力する意思がある限り、自主規制機関に参加するという考えにどれほどオープンであるかについても話しました。

しかし、テクノロジー界のリーダーの間でこのような団結とコンセンサスの欠如を見た後、私たちは国自身のパネルの発展が中心的な舞台に立つのを見るかもしれません。しかし、それは驚くべきことに、FacebookとTwitterの両方が、国内の規制権限の面で政府の行き過ぎを悪化させるだけなので、やり遂げたくない計画です。

一方、最近の非公開会議が開催され、Googleの親会社であるAlphabet Inc.のメンバーが座って、この問題に関する予約について議論しました。ある幹部は、このアイデアがどれほど説得力がないか、そして関連するメリットに関連してどれだけ多くの疑問が生じているかを他の従業員に知らせました。

もしこの機関が開発されれば、Googleは外部レビューを実施することになるので、Googleはオンラインに属していないと感じたコンテンツをすぐに元に戻すことを余儀なくされるだろう。また、コンテンツがGoogleによって概説されたポリシーに違反していることが判明した場合も同じケースです。

アルファベットの幹部は、自主規制委員会によって指令が下されるため、この決定は危険なものであるとさえ指摘した。

Google、Twitter、Facebook以外にも、SnapchatとShareChatの担当者も参加し、意見を述べた。最後の2つのアプリは、国内に何百万人ものユーザーがいることで知られています。

予約をしたのはGoogleだけではなかった。SnapとShareChatの両社は、自己規制的なシステムについて独自の留保を持っており、それは多くの協議を必要とする問題であると主張している。

Googleは一連の声明を通じて、最良の結果を得るために手元にあるすべてのオプションを非常に熱心に検討しているため、政府当局や業界の他の人々とより多くの会議を開催する方法に言及しました。

結局のところ、ソーシャルメディアの世界のために自主規制システムを持つことはまれであるため、この問題は間違いなく注意が必要です。誰も自分のコンテンツが外界によって取り締まることを望んでいません。

いくつかの例外には、ハイテク大手がオンラインで見られる憎悪に満ちたコンテンツの量を制限する契約に署名したニュージーランドなどの国が含まれます。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.