Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleは、Chromeブラウザ/Googleでシークレットモードを使用しているときにユーザーのデータを収集するという申し立てをめぐって50億ドルの訴訟に直面する

投稿日:

Google Chromeのユーザーの場合は、多くの人がプライベートな仕事に使用するシークレットモードを知っているので、データを収集することはできません。ほとんどの使用されているブラウザのように。Googleは昨年6月に3人のユーザーから、ユーザーがプライバシーを保護するための一歩を踏み出したとしても、ユーザーの情報を追跡していると訴えられた。特に米国では、アメリカ人の大多数がデータ漏洩は誰かを殺すよりも大きな犯罪だと考えている。カリフォルニア州の裁判官は金曜日、Googleはこれらの極端な申し立てをめぐって50億ドルの訴訟に直面しなければならないと判断した。

米国地方裁判所のルーシー・コー判事は判決の中で、Googleがこのプライベートモード(incognitoタブとも呼ばれる)を使用している間にプライバシーを保護するための措置を講じているときに、Googleがユーザーに通知しなかったと書いています。データ漏洩は大きな問題であり、人々は非常に懸念しています。多くのソーシャルメディアプラットフォームもプライバシー漏洩の申し立てに直面する必要がありますが、この場合、Googleはプライベートモードを使用しているときに情報を追跡しました。

しかし、同社は、シークレットタブは、自分のデータがブラウザから確実に消えることを意味するのではなく、最近の活動が訪問しているウェブサイトや訪問したウェブサイトが使用する第三者の分析や広告サービスに表示されていることをすでにユーザーに通知していることを明らかにしました。

Googleの広報担当ホセ・カスタネダは電子メールで、Googleはユーザーのプライバシーを利用することはなく、ユーザーのプライバシーを維持することは会社の義務であり、彼らはそれを保護するために最善を尽くしているので、この主張に対して強く守ろうとすると述べた。彼はさらに、Chromeブラウザのシークレットモードは、アクティビティがブラウザやデバイスに保存されることなく、インターネットを閲覧するオプションをユーザーに提供すると述べた。Google Chromeは、ユーザーがセッション中にウェブサイトによって日付が収集される可能性があることを開こうとすると、ブラウザに明確に記載されています。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.