Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleは、Androidユーザーが着信ビジネスコール/ Googleの目的を知らせる新機能をもたらしています

投稿日:

GoogleはすぐにAndroidユーザーに、ビジネスが電話アプリを通じてそれらを呼び出している理由を知らせます。ハイテク大手は、様々な匿名のスパムやマーケティングコールを識別すると知られている機能を開発しています。このプログラムは、企業が自分の身元を確認し、ユーザーの画面に手を差し伸べる目的と一緒に自分の名前を表示することができます。

AndroidPoliceによると、検証済みの通話パートナーになるためには、Googleは顧客にダイヤルする前に通話の情報を共有する企業が必要になります。ビジネスの電話番号、電話をかけているユーザーの数、および「医薬品は今すぐ受け取り可能です」などの電話の理由などの詳細は、そのビジネスが検証済みパートナーになるためにGoogleによって必要とされます。確認済みの通話は、この情報をサーバーに保存し、ユーザーの携帯電話の Google Phone アプリに転送されます。

ビジネスがコンシューマを呼び出すたびに、電話アプリはサーバーとの通話に関する情報をクロスチェックし、着信通話画面に利用可能なデータを一覧表示します。Googleは、通話が終了すると、数分以内にユーザーの電話番号と通話理由がサーバーから削除されると述べています。また、すべての検証データが暗号化されるため、トランジットの途中でタップすることはできないし、企業と共有されないと付け加えました。これにより、ユーザーのセキュリティとプライバシーに関する懸念が緩和されます。

確認済みの通話は、Google Phone アプリのデフォルト設定になります。ただし、[発信者番号とスパム] カテゴリの [設定] で無効にすることはできます。

しかし、Googleの検証済みプログラムは現時点ではまだ開発の初期段階にあり、プログラムに登録している企業の数はまだ確認されていません。Googleは、この問題に関するより多くの洞察を提供することについて尋ねられ、その対応が待ち望まれている。



Googleは、過去数年間にロボコールやテレマーケターを積極的に追跡し、取り締まることで知られています。多くの地域では、ユーザーがレストランの予約や代理人がGoogleアシスタントを介して電話で保留されているなどのタスクを行うことができます。Googleはまた、Android上の電話アプリのデフォルト設定で、組み込みの通話スパム保護と発信者IDサポートを開始しました。ユーザーは、 をダウンロードできます。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.