Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Googleでオートフィルすると、すべてのAndroid 10 +デバイスの生体認証が可能になりました / Google

投稿日:

最近、Googleでオートフィルする最新のサーバー側アップデートが見つかりましたが、生体認証の追加機能がパスワードマネージャーに追加されます。

パスワードマネージャは、すべてのアカウントのパスワードを安全に保ち、あなただけで簡単にアクセスできるようにすることに有害です。しかし、Googleのパスワードマネージャは今Androidのオートフィルで生体認証を使用し、それは巨大なアップグレードです!それは常に必要とされ、一般の人々は常に自分のGoogleアカウントのためのパスワード保護とセキュリティのこの種を要求していることは言うまでもありません。

したがって、このアップデートでは、Googleのパスワードマネージャーは指紋センサー、フェイスロック解除システム、その他の生体認証などのオプションを使用します。ユーザーは、デバイスの[設定]に移動し、Googleに移動してからオートフィルし、Googleでオートフィルすると、このオプションが表示されます。ここでは、ユーザーが生体認証のオプションを提供する新しい「オートフィルセキュリティ」メニューを見つける場所です。

どちらのオプションを選択しても、生体認証が有効になると、Android 10+オペレーティングシステムを搭載したすべてのデバイス上のBiometricPrompt APIは、ユーザーが採用する方法の1つです。これらの方法には、指紋センサー、Pixel 4 /XLのフェイスロック解除システム、今後のGalaxyデバイスのアイリススキャナが含まれます。

その他のすべてのパスワード管理者は、デバイス上のデータのロックを解除してアクセスするために、PIN、マスターパスワード、またはいくつかの排他的なパターンを必要とします。生体認証は、これまでで、多くのデバイスは、顔認識システム、指紋スキャン、およびアイリススキャンを採用しています。だから、最終的にGoogleアカウントは、認証プロセスのこの高度な形式の助けを借りて確保することができるすべてのGooglersのための素晴らしいニュースの一部です。

これはまた、ハッキングの試みを制限し、全体的にこれまで以上にユーザーに多くの保護を与えます.Googleがパスワード管理においてこの記念碑的な一歩を踏み出すのになぜ時間がかかったのかは理解できません。私たちが知っている限り、Googleは長い時間前にこれを行うことができ、その時点でももっと多くのことを意味していたでしょう!この機能は、2020 年 1 月にどこかでテストを開始しました。最終的に機能を展開するのに多くの月がかかったことはジレンマでもありますが!

とにかく、何かを持っていないよりも遅刻する方が良いです。だから、Googleユーザーとアカウント所有者は、この機能で今満足し、満足することができます。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.