Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

Gmailは会話ビュー/グーグルのルールを更新しました

投稿日:

Gmail では、同じトピックを含むメールをスレッドビューとして表示できるため、ユーザーは以前のメッセージをテキストメッセージやチャットのように簡単に表示できます。今、会話形式やスレッドに表示されるメッセージの種類を厳密にチェックし続ける特定の変更があります。

Google がメッセージにスレッドを作成する特定の条件があります。

1. メッセージが返信として送信された場合

2. メッセージの送信者または受信者が同じで、メッセージの件名が同じである場合。

3. 以前のメッセージへの返信が 1 週間以内の場合

また、受信したメッセージに参照ヘッダーがある場合は、スレッドの一部となる先に送信された電子メールの Message-ID を含める必要があります。これは、スレッドのフローが乱れず、まとまりが合っていることを確認する場合です。

つまり、2 つのメールが同じ送信者から同じ件名を持つ場合でも、必要な参照がない場合はスレッドとして表示されません。そのため、通常のように返信できるボックス内の独立した電子メールが存在します。
この更新されたスレッドビューは、Gmailのウェブ版とAndroidとiPhoneデバイスですでに利用可能になりました。Google は、スレッドメールを送信したい場合は、特定のルールの処理をユーザーに依頼しています。
件名が異なる場合や、ヘッダー内で参照が一意である場合、これらの電子メールはスレッド ビューに表示されません。

「メールを Gmail でスレッド化したくない場合は、件名が異なる場合と、別のメッセージと一致しない固有の References ヘッダー値を使用して各メッセージを送信できます。.G Suite チームは説明しました。

写真: エンガジェット

次を読む:

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.