Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

5つの大手ハイテク大手がデータ転送プロジェクトを手に入れ/ グーグル

投稿日:

データ共有とプライバシー侵害は、今日のスキャンダルについて最も検索され、話されているの一つです。人々は、データが彼らにとって何を意味するのか、そしてデータの侵害のデータを共有することが彼らだけでなく、ハイテク大手が彼らから利益を得ている方法についてもどのように問題になるかについて意見を持っています。1年以上前に、さまざまなオンラインサービス間でデータを共有しやすくすることを目的として立ち上げられました。

しかし、最近のニュースによると、当初はツイッター、フェイスブック、グーグル、マイクロソフトを含む4つの主要なハイテク大手が近くグループに加わる予定だという。データ共有プロジェクトの主なアイデアは、ユーザーの経験を向上させる、目的は、これらの企業間でデータを共有しやすくすることです。現在、ユーザーは画像、アイデア、その他のデータをハードドライブに直接ダウンロードできますが、データ共有プロジェクトは、これらの5つの技術のすべてのユーザーが必要な方法でデータを転送するのに役立ちます。簡単に言えば、データ漏洩やデータの損失の恐れはまったくありません。今、ユーザーは単にワンクリックで自分のiCloudにFacebookからデータを転送することができます。

このプロジェクトの詳細は定期的にプロジェクトに更新され、最近の更新に従って、プロジェクトが進行中であり、ユーザーが完全に体験を楽しむことができない可能性があることを明確に述べられている。さらに、ユーザーは、プロジェクトが完了すると解決されるプロセス中にいくつかのしゃっくりが発生する可能性があります。現在、プロジェクトの主な焦点はバックエンドにあり、プロジェクトの機能に焦点を当てています。しかし、時間が経つにつれて、プロジェクトはより良いユーザーエクスペリエンスをもたらすことを目指しています。



ユーザーが今後のプロジェクトについて理解し、誇大宣伝を生み出す手助けをするために、Googleは最近、今後のユーザー向けの機能や製品に関するヒントを提供する声明を発表しました。Googleのデータ転送プロジェクトのリードによると、Googleはまもなく最初のユーザー向け機能を立ち上げることを楽しみにしていると発表されました。タイムラインは「今後数ヶ月」と記載されていましたが、詳細はまだ不明です。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.