Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

新しいGoogleドキュメントのアップデートは、ドキュメントの作成中にスペルミスを犯す人向けです/ Google

投稿日:

Googleには、最も恥ずかしい問題の解決策である拡張スペルチェックと呼ばれる新しいアップデートがあります。人々は文書を書いているときにスペルミスをする傾向がありますが、それを念頭に置いて、Googleドキュメントのエンジニアは、スペルが間違っている単語に赤い下線が引かれているのを確認できるアップデートを導入しました。

Googleドキュメントのワードプロセッサは、単語のスペルが正しくないことを検出し、赤で下線を引きます。ただし、提案された正しいスペルや単語は表示されません。それはあなたが書いている単語が正しいかどうかをあなたに決めさせるだけです。

間違った下線付きの単語機能はすでにGoogleドキュメントにありますが、この強化された単語機能によりスペルミスのある単語が間違っていることがなくなり、その希望を修正するか、そのままにするかを検討できます。ユーザーは、その単語を辞書に追加することもできます。

Googleドキュメントの担当者は、この機能は、正しく自信を持って書くことができるエラーを強調することで、非常に役立つと述べています。あなたが書いているものが正しいつづりであるかどうか、またはあなたが変更を加える必要があるかどうかを心配する必要はありません。このようにして、ドキュメントがレビューされるだけでなく、スペルや正しい単語を使用したかどうかもチェックインできます。

この機能はすでにGoogleドキュメントに追加されていますが、英語でのみ利用できます。したがって、強化されたスペルチェックは、英語で何かを書いている場合にのみ機能します。時間の経過とともに、フランス語、スペイン語、オランダ語などの他の言語でも利用できるようになります。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.