Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

今後のGoogle Playストアポリシーは、すべてのサードパーティの通話録音アプリ/ Googleを禁止します

投稿日:

5月11日から、GoogleはPlayストアからすべてのサードパーティの通話録音アプリをブロックします。

新しいポリシーの変更は最近ユーザーによって発見され、それは技術大手がアクセシビリティAPIへのさらなるアクセスを制限するためにできる限りのことをしていることを意味します。

これは以前、同社がリモートベースですべての通話録音を有効にするために使用していましたが、5月11日からPlayストア上のアプリがアクセシビリティサービスにアクセスするのを制限する時が来たと感じています。

これに加えて、Googleは、開発者向けのウェビナーで最近繰り返すことで、このニュースに関して起こりうる混乱をどのように排除したいかについて言及しました。

この動きは、多くのユーザーがプライバシーの面で直面している増大する問題に取り組むことを望んでいます。

現時点では、このポリシーの変更はPlayストア上のサードパーティのアプリケーションにのみ制限されています。この変更が、Mi DieraやGoogle Phoneなどの多くのデフォルトのダイヤラアプリケーションにどのように影響しないかは興味深いことですが、その主な機能はさまざまなデバイスに組み込まれているため、ネイティブコールを録音することです。

これらは通常、PixelまたはXiaomi範囲に属するスマートフォンにあります。
Googleのコンテンツ運用のリーダーは、ウェビナーで、リモート通話録音とは、相手側のユーザーが録音動作に気づいていない音声通話を録音することを意味すると簡単に説明しました。

彼はまた、プリインストールされたアプリがデフォルトモードになっている場合、オーディオを録音し続けることができ、その機能を失うことはないと詳しく説明しました。しかし、Google Playストアから新しいアプリをダウンロードした後、ユーザーはもうその機能にアクセスできなくなります。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.