Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

人々はまた、機能が50%ドロップ/ Googleの後でGoogle検索でカムバックを行うように頼む

投稿日:

Googleは、これが潜在的にユーザーをナビゲートするのではなく、自分のサイトにとどめることになる可能性があるという事実のために、かなり長い間検索エンジンの提供を多様化しようとしてきました。検索エンジンの巨人は、そのSERPにいくつかのカードを含めており、最も顕著なものの1つは、People Also Askセクションです。

このセクションは、検索者が念頭に置いているかもしれない関連するクエリを示すことによってさらなる研究を奨励することを目的としていますが、これが事実であるという事実にもかかわらず、研究者は以前よりも50%少ない頻度で表示されることに気付きました。7 月 8 日から 18 日までの約 10 日間、People Also Ask は、数週間前から数か月前に表示されていた 60% と比較して、検索結果の 30% 未満で表示されました。

そのすべてが言われ、今では邪魔にならないように、この機能が復活しているように見えることに注意することが重要です。によると、この情報カードは現在、通常のレベル、より具体的には60%で表示されています。この突然の下落はまだ説明がなく、多くの人がGoogleがそれを廃止して新しいものに置き換えるつもりだと考えていました。私たちは今、すべてのことが考慮され、考慮されているときにこれが当てはまらないことを知っています。

GoogleのSERPのPeople Also Askカードの不可解な減少は、テクノロジーの巨人がその機能を再構築しようとしただけかもしれない。Googleは、その有効性を向上させるために検索エンジンで多くの実験を行っており、近い将来にユニークな結果が得られるかどうかは興味深いでしょう。

Googleは反競争的な慣行で非難されているので、検索エンジンの巨人は、規制当局によって再び標的にされないように、表示する情報カードの削減を検討している可能性があります。しかし、『People Also Ask』の復活は、少なくとも当面は、この概念に疑問を投げかけている。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.