Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

ユーザーが整理を維持しやすくするGoogle Chromeのタブグループ機能が、最新バージョン/Googleのすべてのユーザーに利用可能になりました

投稿日:

今年の5月に戻って、Googleは便利な新機能がChromeに来ています。タブグループ機能と呼ばれると、Chromeブラウザを使用しながら整理を維持しやすくなります。この機能により、Chrome ユーザーはアクティブなタブを別々のグループに整理し、ワークフローを強化することができます。この機能は、Chrome OS、Mac、Windows、および Linux の Chrome ブラウザの最新バージョンでユーザーが利用できます。さらに、Chrome ブラウザのバージョン 85.0.4183.102 では、すべてのユーザーに対して既定でこの機能が有効になります。

同社はかなり長い間この機能に取り組んでおり、Googleは今年初めにこの機能を一部のユーザーに展開しました。今、広範なA / Bテストの後、同社はそれがChromeブラウザの最新バージョンで誰もが利用できることを確認しました。タブグループ機能は、ベータチャネルまたはフラグを介して利用者が利用できます。

新しい機能を使用すると、ユーザーはさまざまなタブのコレクションをタブ グループにまとめることができ、ユーザーはこのグループを名前と色で整理できます。グループを使用すると、ニーズに合わせてタスクを整理しやすくなります。この機能は使いやすく、ユーザーは基本的に同様のサイトを一括してChromeブラウザをクリーンアップする機能を設定できます。この機能は、多数の整理されていないタブを開いているユーザーにとって特に便利です。

新しいタブグループを作成する場合は、まずタブをクリックして[新しいグループに追加]オプションを選択する必要があります。新しいタブ グループを作成した後、タブ グループ ストリップの間で開いているさまざまなタブをドラッグすると、これらのタブが自動的にグループに追加されます。また、グループアイコンをタップすると、カスタムの名前と色を設定できるメニューが開きます。既存のタブグループにタブを追加する場合は、タブを右に表示し、[既存のグループに追加] オプションを選択してから、タブグループを選択する必要があります。

Mac または Windows で Chrome ブラウザーを使用している場合は、この機能を利用するには、バージョン 85.0.4183.102 に更新する必要があります。一方、Chromebook 用 Chrome をバージョン 85.0.4183.84 以降に更新すると、この機能が有効になります。しかし、新しい機能がいつiOSとAndroidにロールされるかはまだ明らかではありません。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.