Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

メタとグーグルの広告費は、TikTokが厳しい競争を提供するため、2023年に50%以下に低下する / Google

投稿日:

マーケティング担当者がオンラインで実施した広告費用の合計は、歴史的にメタとGoogleの2つの大企業に行ってきました。これら2つのテクノロジー大手は、業界をかなりしっかりと把握しており、2019年までに米国での総広告支出の55.2%の合計パーセンテージシェアに達しました。これらすべてが言われ、今や邪魔にならないようになっているので、業界に対する彼らの支配が後退しているように見えることに注意することが重要です。

この二重占拠は、TikTokのような新参者や、Amazonのような業界の巨人がリングに帽子を投げ込もうとしているという厳しい競争に直面して、市場の優位性が低下するのを見てきました。その結果、2022年には広告費用総額のシェアシェアが半分強(正確には50.5%)に減少しました。彼らのシェアは、2023年にはわずか48.7%に50%のマークを下回り、2024年までに47.7%にさらに低下すると予測されています。

メタは、物議を醸す名前の変更が、多数のプライバシー侵害とその有害なアルゴリズムが明らかになった後、同社が直面していた驚きの雲を持ち上げることができなかった後、ペルソナノングラタになりました。総広告費を争う企業数の増加は、メタとGoogleが長い間享受してきたシェアも減少させており、ウォルマートとアップルも広告費市場でより大きなシェアを獲得しようとしています。

ウォルマートは、来年までに数十億ドル規模の広告事業を展開すると予測されている9つの新しいプラットフォームの1つであり、すべてのことが考慮され、考慮されています。他の8つはSpotify、Roku、Snapchat、Instacart、Pluto TV、Yelp、IAC、Tubiです。したがって、複占の市場シェアの減少は、業界での競争の激化の直接的な結果であると言えますが、これが事実であるという事実にもかかわらず、メタ自身の失敗も少なくとも責任の一部を共有しています。

米国の広告支出は、2021年と比較して前年比で13.2%増加しました。この成長の大部分はMetaとGoogle以外の企業によるものであり、前述の9つの今後の企業がその大部分を推進しているため、Amazonでさえこの成長のかなりの部分を占めていません。

今後10年間で、より多くの企業が業界に投資し、MetaやGoogleに取って代わるにつれて、デジタル広告の支出状況は完全に変わる可能性があります。メタは、マーケティング担当者が消費者により良い印象を与えるより好意的に受け入れられたプラットフォームに向かうにつれて、市場を完全に制御できなくなる可能性があります。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.