Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

フローティングモード/グーグルでGoogle Chromeのメディアコントロールにアクセスできるようになりました

投稿日:

GoogleはChromeブラウザ用のメディアコントロールを改良しており、これらのコントロールは今年初めにStableバージョンに導入されました。を使用すると、メディアを再生しているタブに現在のタブから移動する代わりに、ツールバーから直接マルチメディアを管理できます。Googleはこれらのコントロールを改善しているようです。

エッジはクロムエンジンに基づいているので、Chromeに付属するほぼすべてのアップデートは、遅かれ早かれ新しいマイクロソフトのブラウザで導入されています。過去に、画像再生モードでの写真のサポートやマルチメディア再生コントロールの統一など、Microsoft ブラウザにいくつかの更新プログラムが導入されたのを見てきました。その後、これらの更新プログラムと改善点も Edge に到達しました。フローティング メディア コントロールを有効にすると、使いやすさが向上するツール。

マルチウィンドウ モードとも呼ばれる PiP (ピクチャ イン ピクチャ) をアクティブまたは非アクティブ化するオプションは、フローティング メディア コントロールでも使用できます。これらの更新プログラムに、カナリア版の Chrome を使用してアクセスできるようになりました。ハイテク大手、グーグルはChrome 86バージョンでこのツールを追加しました。これで、この機能を有効にすると、メディア コントロール ウィンドウをツール バーからデバイスの画面上の任意の場所にドラッグできるようになります。PiP モードでも同様の機能が提供されます。

この機能はデフォルトで無効になっており、ユーザーは手動で有効にする必要があります。この機能を有効にするには、検索バーに「chrome://flags’と入力し、検索バーの[グローバル メディアコントロールのオーバーレイ コントロールchrome://flags/#global-media-controls-overlay-controlsを有効にする]に貼り付けます。ここで、[既定] ボックスを [有効] に設定するだけです。今、Chromeブラウザを再起動し、メディアファイルをホストする任意のウェブサイトをサーフィンしながら、機能を使用することができます。

この機能を有効にした後、YouTube、Facebook、Instagramなどのサイトでマルチメディアコンテンツを再生すると、ツールバーのマルチメディア再生コントロールにアクセスでき、これらのマルチメディア再生コントロールをデバイスの画面上の任意のポイントに移動できます。これらの再生コントロールを使用すると、新しいショートカットを使用して PiP モードをアクティブまたは非アクティブ化することもできます。この機能は、安定版のGoogle Chromeに導入される予定です。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.