Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

フランスの行政機関は、GoogleがGoogleアナリティクス/ グーグルを介して米国の情報機関に市民データを販売していると述べています

投稿日:

独立したフランスのIT機関は最近声明を発表し、Googleアナリティクスが個々のユーザーのプライバシーを侵害し、フランス国民からのデータをサイフォンしていると非難しました。

Googleは無限の数の調査と裁判の真っ只中にあり、多くの個人、グループ、政府がオンラインユーザーの安全性の面で多くの認識された(そして確認された)欠陥についてハイテク大手を批判しています。実際、親会社のAlphabetは、第三者の広告主や会社の利益のためにユーザーデータを販売する目的で、積極的にサイフォン化し、盗んだとして非難されています。どちらも、明示的にまたは他の方法で提供されるユーザーの同意の任意の並べ替えで発生しません。もちろん、Googleは、同社の主力製品がGoogle SearchとGoogle Chrome、それぞれ最も積極的に使用されている検索エンジンとオンラインブラウザである方法を見て、そのような行動を逃れる余裕がある立場にあります。ああ、同社はサードパーティのクッキーに代わる独自の代替手段を統合し、ユーザーデータが収集され、単独で自分自身に向けられることを保証することに決めました。ユーザーは検索を使用して終了し、何をするつもりですか?Googleサービスの使用をやめることは不可能ではありませんが、間違いなく自分自身にとって不便を生み出しています。

フランスは、ハイテク大手に対する非難や苦情の軍団に加わる次の国であり、その懸念はユーザーデータのプライバシーと安全性にも接しています。具体的には、懸念は政府機関自体ではなく、国家情報学と自由委員会(フランス語の情報学委員会)の名前によって独立した公的支援行政機関によって提起される。CNILは、Googleアナリティクスはユーザーデータを積極的にサイフォン化し、米国の情報機関に無料で提供する製品であると述べています。

アナリティクスはオンラインインターネットトラフィックを追跡するサービスであり、Googleによると、完全なユーザーの匿名性を維持しながら行います。つまり、ユーザーがウェブサイトを訪問しても、その身元やその他の関連情報は明らかにされていません。もちろん、それはGoogleが主張しているものであり、今でも同社は.

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.