Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

フェイスブック, ユーチューブ, 天気: 2019年第2四半期のトップ20グーグル検索クエリ / グーグル

投稿日:

2019年第2四半期は正式に後ろに、4月1日から6月30日までインターネットの世界で起こった様々な活動に関するデータを収集する時が過ごします。これには、トップ Google クエリも含まれます。

世界中で試みられたGoogle検索に基づくGoogle検索クエリの上位20件のリストがGoogleトレンドの礼儀で作成されました。リストのエントリとチャート上の位置のほとんどは予想されていましたが、検索ボリュームは非常に興味深いものでした。

これは別の質問を提起する必要があります、 Googleは検索ボリュームを公開しないので、各クエリのボリュームはどのように決定されましたか?この質問に対する答えは、チャートが各クエリの相対ボリュームを使用して作成されたのと、トップクエリの検索ボリュームと比較して作成されたということです。結果はインデックス列の下に表示されました。

したがって、インデックス 82 は通常、問題のクエリが上位クエリの検索ボリュームの 82% を受け取っていることを意味します。

チャートに来ると、クエリ「Facebook」が過去3ヶ月間に最も検索され、トップクエリとして登場したことが分かりました。Facebookの公式ウェブサイトを通じて直接訪問するのではなく、数え切れないほどの人々がFacebookにアクセスするためにこの用語を検索することを意味するので、Facebookという用語を上に見るのは興味深いことです。



Facebookの後に「Google」が続き、インデックスが88で、人々がGoogleを使用して検索するという事実を把握することは困難であるため、非常に興味深いです。Google!

YouTube、インスタグラム、アマゾンもトップ10入りすることができました。さらに、Gmail、Yahoo、CricBuzz、Twitterなどの用語は、トップ10に入れなかったものの、トップ20のそれぞれのスポットを固めました。

Q3の結果が出たら、これらの上位20件の検索クエリの中で、他の用語でポジションをノックオフする人が何人いるのを見るのは興味深いでしょう。

チャートの礼儀: .

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.