Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

ハッカーは、サイトの所有者を脅迫するGoogleの詐欺防止規制を使用します / Google

投稿日:

Googleは、Googleが提供しているサービスを使用してインターネットを使用する人が、何が起ころうとも詐欺や詐欺から安全であることを知って安心できるように、あちこちで多くの措置を講じてきました。しかし、最近、悪意のあるアクターのグループが、Googleが実施した不正防止プロトコルを使用して、収益を失ったウェブサイトの所有者を脅迫できるように操作し始めました。

この仕組みは、ハッカーがボットを送信してクリックし、選択したウェブサイトにアクセスし始めるということです。このトラフィックは明らかに「非人道的」として検出され、Googleはこのようなことを非常に真剣に受け止めています。ウェブサイトがボット主導のトラフィックを大量に持つことでフラグが立てられた場合、これはウェブサイトを通じてお金を稼ぐために使用されるアカウントをロックダウンするGoogleの不正防止プロトコルのトリガーとなり、問題が整理されるまでこのアカウントから得られる収益を制限します。

に記したように、 ハッカーはサイト所有者に、これが起こり、所有者はビットコインで5000ドルの身代金を支払う必要があり、その後ボットトラフィックが入ってくるのを止める必要があることを伝えようとします。これは、これらの悪意のあるアクターが使用している非常に凶悪な方法であり、それは最も確かに彼らが持っている考え方の種類を示しています。また、Googleは、無実のサイトをこのように組み立てることができないように、詐欺防止プロトコルに取り組む必要があることを示しており、プロトコルが改善されるまで、このような状況が発生し続け、ウェブサイトの所有者や小規模な出版社が収益の損失を被り続けることはかなり確実です。

Google AdSense ユーザーは、公式サポート ページを参照して、詳細については を参照してください。



-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.